Vectorworks 2022の新機能

Vectorworks 2022では、最新のAppleシリコンプロセッサ上でネイティブ対応し、グラフィックス機能がMetalとDirectXに対応したことによって、設計・デザイン環境が大きく向上します。また、ソリッドモデルの各面に異なるテクスチャを設定できるようになり、再現性が高まります。さらにMaxon社のRedshiftレンダリングエンジンを搭載したことで、対象ハードウエアでのレンダリングパフォーマンスが向上します。

BIM・建築設計機能の拡張として窓やドアの開口部に壁構成要素の回り込みを定義し、よりリアルで精確なBIMモデルを作成できます。また階段ツールが進化し、新しい作成モードとインタラクティブな変形モードを搭載しました。さらにワークシートが大幅に強化され、複雑なレポートの作成がより簡単になりました。

機能を搭載している製品を各プロダクトマークで表記しています。白抜きされたマークは、同機能が搭載されていない製品です。

F…Fundamentals 
A…Architect 
L…Landmark 
S…Spotlight 
D…Design Suite 

新機能のご紹介

Vectorworks 2022に新たに搭載された機能の一部を動画でご紹介します。新機能を中心に紹介をした「What's New in 2022(機能アップガイド)」、Vectorworks 2022の製品ラインナップ、機能を紹介した「Vectorworks 2022 総合カタログ」もあわせてご覧ください。

Vectorworks Cloud Servicesの改善 SP3
UnityベースのNomadアプリとWebビューの強化 SP3
Datasmithダイレクトリンクツールの強化 SP3
ユーザーインターフェイスの改良
植栽スタイルと根域
隠線レンダリングのバックグラウンド処理
全般的なSpotlightの改善
Twinmotionダイレクトリンク
Redshiftレンダリングモード
ケーブルと電力計画
ArcGIS フィーチャ レイヤー
ワークシートの拡張
壁構成要素のコントロール
樹木調査データのGIS対応
地形モデルの構成要素
舗床の強化
階段の直接編集
面ごとのテクスチャ割り当て

旧バージョンで搭載された機能

旧バージョンのVectorworksで搭載された機能はこちらをご覧ください。

また、Vectorworksの各バージョンで追加された機能は「バージョン別追加機能」でご確認いただけます。

機能比較/データ互換表

Vectorworks 各製品別の搭載機能比較を確認できます。また取り出し、および取り込みの互換ファイル形式も製品別に確認できます。

詳しい情報

モバイルアプリ

リモートコントロールやクラウドと連動してデザインデータのモバイル活用など、Vectorworksを拡張するスマートデバイスアプリの情報です。

詳しい情報

ソリューション

Vectorworksソリューションでは、プラグインソフトウエアや連携ソフトウエア、素材集など、Vectorworksをより強化する製品の情報です。

詳しい情報