利用環境で選択できる製品タイプ

Vectorworksはご利用の環境、運用状況にあわせて、スタンドアロン版とネットワーク版の2種類の製品タイプからお選びいただけます。

Vectorworks 2022スタンドアロン版はインターネット経由でライセンス認証してVectorworksソフトウエアを使用することができます。1ライセンスで2台のマシンにインストール可能で場所を選ばず外出先などでも作業がはかどるだけでなく、導入後のメンテナンスも容易になるため、時間やコストの削減が期待できます。1ライセンスから購入可能でオフィスと外出用パソコンの2台持ちでの利用、リモートワークにおすすめです。

Vectorworks 2022ネットワーク版は、サーバー/クライアント形式でライセンスを管理し、Vectorworksソフトウエアを使用することができます。サーバー用コンピューター上のVectorworks Site Protection Server(以下、ライセンス管理ソフトウエア)が同時稼働するライセンス数を管理し、クライアント用コンピューターで、必要な時に、ライセンス管理ソフトウエアからライセンスを取得してVectorworksを起動することができます。

スタンドアロン版 ネットワーク版
インストール可能台数

1ライセンスで2台のパソコンにインストール可能

  • 同時起動はできません

インストール台数の制限なし

  • 同時稼働数をサーバーで管理
起動認証

インターネット経由のアクティベーション

  • 90日間はネットワークから切り離して利用可能

同一LAN内のサーバー用コンピューターでの認証

  • 最長30日間のライセンス持ち出し機能が利用可能
ライセンス管理方法 インストールするパソコンごとにライセンス管理 サーバーでライセンス一括管理
その他
  • インターネット接続環境が必須
  • 正式シリアル発行はユーザー登録が必須
インターネット経由のアクティベーション
購入単位

1ライセンスから購入可能

5ライセンスから購入可能

  • 追加ライセンスは1本から購入可能
利用シーン
  • オフィスと外出用パソコンの2台持ちで利用したい
  • リモートワーク
  • SOHOなどの個人事業主
  • 複数の部署間で共同利用
  • サーバーで全ライセンスを管理したい
  • 学校のパソコン教室など

スタンドアロン版

Vectorworks 2022スタンドアロン版はインターネット経由でライセンス認証してVectorworksソフトウエアを使用することができます。1ライセンスで2台のマシンにインストール可能で場所を選ばず外出先などでも作業がはかどるだけでなく、導入後のメンテナンスも容易になるため、時間やコストの削減が期待できます。1ライセンスから購入可能でオフィスと外出用パソコンの2台持ちでの利用、リモートワークにおすすめです。

  スタンドアロン版
インストール可能台数 1ライセンスで2台のパソコンにインストール可能
  • 同時起動はできません
起動認証 インターネット経由のアクティベーション
  • 90日間はネットワークから切り離して利用可能
ライセンス管理方法 インストールするパソコンごとにライセンス管理
その他
  • インターネット接続環境が必須
  • 正式シリアル発行はユーザー登録が必須
購入単位 1ライセンスから購入可能
利用シーン
  • オフィスと外出用パソコンの2台持ちで利用したい
  • リモートワーク
  • SOHOなどの個人事業主

ライセンスプラン Vectorworks サブスクリプション

Vectorworks サブスクリプション

年間サブスクリプションは、1年間サブスクリプションを維持するための費用対効果の高い方法です。トークンを1つ購入して使用すると、サブスクリプションは12か月間有効になります。年間サブスクリプションは1年間で自動的に終了しますが、トークンを追加することでいつでも簡単に使用期間延長ができます。必要なときに、必要な種類のライセンスをお求めいただける「期間利用ライセンス」のプランです。

  • Design Suite、Architect、Landmark、Spotlightの4つのプロダクト製品にサブスクリプションライセンスをご用意しています。Fundamentalsのサブスクリプションライセンスのご提供はありません。

ライセンス形態とサービスの比較

種類 サブスクリプションライセンス 永続ライセンス
(スタンドアロン版/ネットワーク版)
永続ライセンス+Service Select
(スタンドアロン版/ネットワーク版)
使用期間 1年間 永続 永続
ライセンスタイプ スタンドアロン版 スタンドアロン版/ネットワーク版 スタンドアロン版/ネットワーク版
バージョンアップ 無償(ライセンス期限中) 有償
  • バージョンアップ対象は3バージョン前まで
無償(契約期間中)
使用可能なバージョン 最新+過去3バージョン+過去保持履歴のあるバージョン 保有している最新バージョンのみ 最新+過去3バージョン+過去保持履歴のあるバージョン



期間 ライセンス有効化から30日 ユーザー登録から30日 契約期間中
対象バージョン 最新バージョンのみ 保有している最新バージョンのみ 最新+過去3バージョン
窓口 カスタマーポータル 電話/メール 専用電話/メール/カスタマーポータル

年間保守サービス「Vectorworks Service Select」をバンドルした製品

Vectorworks 2022 スタンドアロン版 Service Select バンドル

  • 年間保守付

年間保守サービス「Vectorworks Service Select」をバンドルしたスタンドアロン版をご用意。最新バージョンの提供やプレミアムサポートのご利用など、より快適に製品をご利用いただけます。通常製品とService Select契約を別々にご購入、ご契約するよりも価格がお得になっています。

 Vectorworks 2022 スタンドアロン版 乗換版

  • 年間保守付

  • 他社製品からの乗換価格

他社製CADをご利用中のユーザーが、Architect/Landmark/Spotlightの3製品を優待価格で購入できる乗換版をご用意。乗換版にも年間保守サービス「Service Select」がバンドルされているので、安心してVectorworksのご利用をスタートできます。Architect/Landmark/Spotlightの3製品にServiceSelect契約1年分が付いて大変お買い得な価格になっています。

  • 乗換元のソフト一覧
  • 乗換元ソフトは継続してご利用いただくことができます。
  • AutoCAD
  • AutoCAD LT
  • BRICSCAD
  • DRA-CAD
  • Jdraf/ARES
  • Jw-CAD
  • Rhinoceros
  • SketchUp
  • Visio
  • 3Dマイホームデザイナー
  • その他、ご利用中の他社CAD/3Dソフト

Service Selectバンドル/乗換版のご購入について

ご購入には購入申込書 兼 Vectorworks Service Select契約申込書が必要です。

申込書はVectorworks取扱販売店、または弊社Webサイトより入手ください。申込用紙に必要事項をご記入後、Vectorworks Service Select ご利用規約をご確認の上、ご捺印いただきました申込書にてVectorworks取扱販売店へお申込みください。

Vectorworks Service Selectのご案内

「Vectorworks Service Select」のサービス詳細や契約料金、お申し込み方法を紹介したカタログPDFはこちらからダウンロードできます。

ネットワーク版

Vectorworks 2022ネットワーク版は、サーバー/クライアント形式でライセンスを管理し、Vectorworksソフトウエアを使用することができます。サーバー用コンピューター上のVectorworks Site Protection Server(以下、ライセンス管理ソフトウエア)が同時稼働するライセンス数を管理し、クライアント用コンピューターで、必要な時に、ライセンス管理ソフトウエアからライセンスを取得してVectorworksを起動することができます。

  ネットワーク版
インストール可能台数 インストール台数の制限なし
  • 同時稼働数をサーバで管理
起動認証 同一LAN内のサーバー用コンピューターでの認証
  • 最長30日間のライセンス持ち出し機能が利用可能
ライセンス管理方法 サーバーでライセンス一括管理
その他 インターネット経由のアクティベーション
購入単位 5ライセンスから購入可能
  • 追加ライセンスは1本から購入可能
利用シーン
  • 複数の部署間で共同利用
  • サーバーで全ライセンスを管理したい
  • 学校のパソコン教室など

ネットワーク版製品の特徴

特徴1

購入ライセンスは同時稼働数のみ

ネットワーク版はインストール台数の制限はありません。同時稼働ライセンスの数以上のパソコンにVectorworksをインストールでき、フローティングライセンスでの運用が可能です。OSはWindows、Macいずれも可能です。

特徴2

6ライセンスからボリュームディスカウントが適用

ネットワーク版は6ライセンス以上からボリュームディスカウントが適用されます。合算本数に応じてさらにお得です。

特徴3

ライセンス管理ソフトウエアでライセンスを一括管理

管理者は、Webブラウザでライセンス利用状況のモニタリング、ライセンス利用状況/クライアント接続状況のログ出力、ユーザー権限/ライセンス持ち出しモジュール/最大持ち出し日数などの管理が可能です。

特徴4

ライセンス持ち出し機能

ネットワーク環境から一時的に切り離しての利用が可能。外出や出張などサーバーと接続ができない場合でも、Vectorworksをご利用できます。持ち出し期間は最長30日まで設定が可能です。

どのような場合にネットワーク版は適しているのか

導入ライセンス数は「同時稼働数」でOK

導入ライセンス数は「同時稼働数」でOK

社内にあるパソコン台数分のライセンスを購入をしなくてもライセンスの同時稼働数の購入で済むので、費用を抑えることができます。また、6ライセンス以上からボリュームディスカウントが適用されます。


Webブラウザでライセンス利用状況をモニタリング

汎用Webブラウザを介してライセンスの稼働状況の監視ができます。ライセンス利用状況/クライアント接続状況のログ出力もできるので分析にも役立ちます。


必要な専門機能(モジュール)を効率的に使用

専門機能を付加するネットワーク版モジュール製品は最低限の数だけ購入すれば、必要な時に使い回すことが可能です。

製品名 型番 標準価格
Fundamentals
ネットワーク版
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 基本パッケージ(5ライセンス同梱) N270000 1,842,500
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 追加ライセンス(合計1-5ライセンス単価) N270001 368,500
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 追加ライセンス(合計6-10ライセンス単価) N270002 332,200
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 追加ライセンス(合計11-20ライセンス単価) N270003 288,200
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 追加ライセンス(合計21-30ライセンス単価) N270004 261,800
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 追加ライセンス(合計31-40ライセンス単価) N270005 244,200
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 追加ライセンス(合計41-50ライセンス単価) N270006 226,600
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 追加ライセンス(合計51-200ライセンス単価) N270007 218,900
Vectorworks Fundamentals 2022 ネットワーク版 追加ライセンス(合計201ライセンス以上単価) N270008 213,400
ネットワーク版
モジュール
Design Suite モジュール 2022 ネットワーク版 N270009 244,200
Architect モジュール 2022 ネットワーク版 N270010 122,100
Landmark モジュール 2022 ネットワーク版 N270011 122,100
Spotlight モジュール 2022 ネットワーク版 N270012 122,100
  • 表記価格は消費税を含んだ税込価格です。
  • 追加ライセンス単価は、同バージョン内での追加購入後の合計ライセンス数が適用となります。

ネットワーク版のご購入方法

購入について

ご購入には購入申込書が必要です。

申込書はVectorworks取扱販売店、または弊社Webサイトより入手ください。申込用紙に必要事項をご記入いただき、Vectorworks取扱販売店へお申込みください。

セットアップガイド

ネットワーク版のサーバ、クライアントの設定を記載した、セットアップガイドをダウンロードする事が可能です。

エデュケーションサポート

A&A.Vectorworks教育支援プログラム「OASIS」の加盟校は「Vectorworksネットワーク版 for OASIS」としてさらにお得にネットワーク版を導入することができます。 「Vectorworksネットワーク版 for OASIS」の価格、詳細な情報についてはOASIS事務局までお問い合せください。