テクニカルサポートデスク




読み込み中…

製品別Q&A - A&A出先で会計

最終更新日:2012.3.12

※ 全ての不具合/仕様情報を掲載しているものではありません。
※ これら以外にも未知の不具合が存在する可能性があります。
※ 「A&A会計」のQ&Aはこちらをご覧ください。

製品Q&A:
No.1001
Q

「A&A出先で会計」を使用中にアプリが強制終了し、それまでに保存したデータが消えてしまった

A

「A&A出先で会計」では、iPhone/iPod touchのホームボタンを押してアプリを終了させた時にデータが保存されます。
もし「A&A出先で会計」を利用中にアプリが強制終了してしまった場合は、前回ホームボタンを押した時のデータから再入力を行う必要があります。ご不便をお掛け致しますがご了承願います。

強制終了はデバイス本体(iPhone/iPod touch)のメモリ使用量が影響している可能性があります。
頻繁に強制終了する場合は、「A&A出先で会計」ご使用前にデバイス本体を再起動させてメモリ解放をお試しください。

なお、v1.0.1にて使用可能なメモリが少ない場合の動作の安定性の向上や、データ保存に関する改善を行いました。

No.1002
Q

会計期間を3/1~3/31など1ヶ月間で設定した場合、入力画面の日付欄をタップするとアプリが強制終了する

A

v1.0.1以前のバージョンにて、会計期間を1ヶ月間で設定した場合にアプリが強制終了する現象が確認されています。v1.0.2にて、会計期間を3/1~3/31など1ヶ月間で設定した場合に強制終了することがないよう改善を行いました。
No.1003
Q

「日付が会計期間から外れています」というエラーが表示されて入力できなくなった

A

新規データ入力の日付欄には自動的に本日日付が入力されますが、その日付が選択中の事業所・年度に設定されている会計期間から外れた場合は、「日付が会計期間から外れていますので御注意ください。」というメッセージが表示され、日付欄にはその会計年度の期末日付が自動入力されます。


例えば、期首が2009年1月1日で期末が2009年12月31日の事業所・年度が選ばれている時、2010年1月1日以降にA&A出先で会計を起動し新規データ入力画面に入ると、前述のメッセージが出て、日付欄には2009年12月31日と自動的に入ります。
この事業所・年度では、2009年1月1日から2009年12月31日までの日付のデータのみ保存できます。


もし2010年1月1日以降のデータ保存をしたい場合は、お手数ですが一旦入力作業をキャンセルし、新しい事業所・年度を作成してください。
事業所・年度画面へいくには、データ入力画面で左上の「一覧」をタップし、さらにデータ一覧画面で左上の「事業所・年度」をタップします。

事業所・年度画面で右上の「+」をタップすると、新規事業所・年度作成画面を表示します。


新規事業所・年度作成画面で期首が2010年1月1日で期末が2010年12月31日の事業所・年度を設定し、右上の「保存」をタップします。


「2010年度」という名称の新しい事業所・年度がリストに登録されました。
本日日付でデータ入力するためには「2010年度」の上をタップします。


「2010年度」にはまだデータがありませんので、データ一覧画面はまだ白紙です。
右上の「+」をタップし、新規入力画面に入ります。


これで、2010年1月1日以降の本日日付が自動入力されるようになりました。

▽過去に遡って入力したい場合
例えば上の例で2009年12月のデータを入力したいときは、再び事業所・年度画面に戻り「2009年度」をタップして2009年度のデータ一覧画面に入れば、2009年度の新規データ入力ができるようになります。
事業所・年度画面では間違って別の年度をタップしない様にご注意ください。
なお現在選択中の事業所・年度名は、データ一覧画面の上部タイトルに表示されます。

▽年をまたいで会計期間設定も可能
例えば期首が2009年7月1日、期末が2010年6月30日というような会計期間設定ができます。
この場合は2010年7月1日が来た時に、新しい事業所・年度を設定することになります。
なお、1つの事業所・年度に設定できる期間は最長1年までです。

No.1004
Q

事業年度を2011年4月1日~2012年3月31日としたいが、エラーが出て設定できない

A

v1.0.4にて、閏日(2月29日)を含む会計期間の作成時に発生する問題を改善しました。
No.1005
Q

A&A出先で会計のデータが、A&A会計で読み込めない

A

iPhone/iPod touchの言語環境(書式設定)を「日本」にしてください。

A&A出先で会計で保存したデータを転送し、A&A会計で読み込む場合には、iPhone/iPod touchの言語環境の書式を、必ず「日本」に設定してからメール転送またはWi-Fi転送を行ってください。
「日本」以外の書式に設定されている場合、A&A会計側でデータの日付を正しく認識できないため読み込みエラーとなります。ご注意ください。

「出先で会計データ受信」を利用してWi-Fi転送を行う場合は、アプリケーションの起動順にご注意ください。

「出先で会計データ受信」でWi-Fi転送を行う場合は、まずMac側で「出先で会計データ受信」を起動させておき、「データ受信の準備が整いました」と表示されている状態で、iPhone/iPod touchのA&A出先で会計を起動させる必要があります。
「出先で会計データ受信」でiPhone/iPod touchが認識されない場合は、いったん「A&A出先で会計」と「出先で会計データ受信」を終了させ、上記の順番でアプリケーションを再起動させてください。

A&A会計はCSV形式には対応していません。

A&A出先で会計の環境設定内の「動作環境オプション」にて、「CSVでメール書き出し」オプションをオンにしている場合は、オフにして転送をお試しください。

No.1006
Q

CSV形式でメール書き出しを行いたい

A

動作環境オプション設定の「CSVでメール書き出し」オプションをオンにしてください。

  • 1)画面左下の[i]ボタンをタップし、アバウト画面に進む。
  • 2)左下の[環境設定]ボタンをタップ。
  • 3)[動作環境オプション設定]をタップ。
  • 4)「CSVでメール書き出し」設定を確認し、オフの場合はオンに切り替える。

▽ご注意
A&A会計で伝票読み込みを行う場合は、必ず「CSVでメール書き出し」設定をオフにしてください。