Ülemiste Rail Baltic Terminal | Courtesy of 3+1 Architects

Vectorworks 2022

バージョンアップサービスについて

バージョンアップサービスは、バージョン2019〜2021までのご登録ユーザー様が対象です。対象のユーザー様には「バージョンアップのご案内(はがき)」をお送りしています。

対象ユーザー様で「バージョンアップのご案内」が届いていないお客様は、お手数ですがA&Aカスタマーサポートまでご連絡ください。

バージョンアップ価格表

Vectorworks 2022へのバージョンアップ価格につきましては、価格表PDFをご確認ください。

バージョンアップお手続き

ユーザー登録情報の確認とバージョンアップ専用申込書の取り寄せ、お申し込みの手順についてご案内します。

専用申込書の取り寄せ依頼

バージョンアップ専用申込書の取り寄せフォームに移動します。

よくあるご質問

バージョンアップサービスについて、よく頂くご質問と、その回答を掲載しています。

バージョンアップについて

  • お申し込み期間は、2022年1月~2022年12月9日(金)までです。
  • バージョンアップ対象はVectorworks2019/2020/2021です。
  • スタンドアロン版は1本から、ネットワーク版およびネットワーク版 for OASISは、2ライセンスから申し込みが可能です。
  • Service Select 契約の契約期間は、弊社製品出荷月の翌月1日からの1年契約となります。
  • Vectorworks用プラグインをご利用の場合、Vectorworksとバージョンを合わせる必要がありますので、ご注意ください。

納品物について

必ず納品物に同封されているご利用の手引き、またはセットアップガイドを確認の上、セットアップを行ってください。

スタンドアロン版

「バージョンアップ + Vectorworks Service Select同時申込」の場合
  • シリアル番号
  • ご利用の手引き
  • Vectorworks Service Select契約手続き完了通知書
「バージョンアップのみ」の場合
  • Kit No.(シリアル番号を取得するために必要なコード)
  • ご利用の手引き

ネットワーク版

「バージョンアップ + Vectorworks Service Select同時申込」の場合
  • シリアル番号
  • アクティベーションコード(ドングル認証の場合はライセンスファイルCD)
  • セットアップガイド
  • Vectorworks Service Select契約手続き完了通知書
「バージョンアップのみ」の場合
  • シリアル番号
  • セットアップガイド

Vectorworks 2022 動作環境

Vectorworks 2022を快適にご利用いただくため奨動作環境をご案内しています。詳細は「Vectorworks 2022 推奨動作環境」をご確認ください。

Vectorworks バージョン別追加機能

Vectorworks 2022 新機能のご紹介

Vectorworks 2022に新たに搭載された機能の一部を動画でご紹介しています。次世代技術によって設計・デザイン環境が向上し、モデリングとプレゼンテーション機能を強化した最新バージョンを是非ご検討ください。

また、旧バージョンで搭載された機能については「バージョン追加機能」をご確認ください。

バージョンアップに関するお問い合わせ

ユーザー窓口

A&A カスタマーサポート
A&A カスタマーサポート

販売店窓口

エーアンドエー株式会社 営業部