研究開発

グリッドを描く

ここに登録されたプログラムは、A&A OpenTips規約に基づき公開されているものです。

OpenTipsご利用規約を良く読み、納得された上でお使いください。


概要・解説

本プログラムの概要や解説は、VS手習い帖として公開されています。
詳細はVS手習い帖の記事をご覧ください。

機能

ダイアログで間隔を指定して、アクティブレイヤ上に、縦横グリッド状の直線を作図します。

導入方法

  • 「Plug-Ins」フォルダに「VS_grid.txt」を入れます。
  • 「VS_Sample」フォルダごと「Plug-Ins」フォルダに入れても構いません。

操作方法

  • 「ツール」メニューから「スクリプト」-「コマンドを実行」で「VS_grid.txt」ファイルを選択すると、「グリッドを描く」が実行されます。
  • メッセージ「2点クリックして、範囲を指定してください(四角形の左下の点を、基準とします)」が表示され、待機状態となります。
    グリッドを作成したい範囲で、2点クリックしてください。
  • 「数値入力」ダイアログで、グリッドの間隔を指定します。
    入力ダイアログの詳細については、VS手習い帖をご参照ください。
  • 縦横グリッド状に直線が作図されます。

注意事項

  • グリッドの間隔を寸法線で表現していますが、直線を後から移動する場合は、拘束されていませんのでご注意ください。

動作環境

Vectorworks2013J,2012J,2011J上でご利用ください。


プログラム名 作者 バージョン 更新日付
VS_grid.txt 代田 1.0 2013.05.14
ファイル情報
ダウンロードファイル

grid.zip(3KB)

内容物

VS_grid.txt

ダウンロード
グリッドを描くのダウンロード