研究開発

通り芯オブジェクト

ここに登録されたプログラムは、A&A OpenTips規約に基づき公開されているものです。

OpenTipsご利用規約を良く読み、納得された上でお使いください。


概要・解説

本プログラムの概要や解説は、VS手習い帖として公開されています。
詳細はVS手習い帖の記事をご覧ください。

機能

通り芯をオブジェクト図形として描画します。あとからデータパレットにて変更することができます。

導入方法

  • 「baseline2.vso」ファイルを「Plug-Ins」フォルダに入れます。
  • 作業画面を編集してお好きな位置に「通り芯」オブジェクトを入れます。

操作方法

  • レイヤの縮尺を1/100に設定します。デフォルトの数値は1/100に収まるくらいの大きさになっています。
  • 通り芯ツールを選択します。
  • 図面の配置したい場所に2度クリックします。1度目は場所を決め、2度目は角度を決めます。
  • 用紙上に初めて描いた場合にはプロパティダイアログがでます。OKを押します。
  • 通り芯の長さや、通り芯の数をかえたい場合にはデータパレットで変更します。
  • 横方向、縦方向の数値入力例
  • 例) 910
    例) 910,1820,910
    例) 910*3

  • 線種等は属性パレットで変更します。

TIPS.

横方向、縦方向の連続入力で、途中の数値を0にするとそこまでしか描きません。
910,1820,0,910*3

注意事項

不正データの処理(マイナス数値や、*,以外のデータ等)はしていません。

動作環境

Vectorworks2009上でご利用ください。


プログラム名 作者 バージョン 更新日付
baseline2.vso 川崎 1.0 2009.05.07
ファイル情報
ダウンロードファイル

baseline2.zip(2KB)

内容物

baseline2.vso

ダウンロード
通り芯オブジェクトのダウンロード