CINEMA 4D R18 シリーズ

わかりやすくてとても強力: CINEMA 4Dは、感動的な作品をすばやく快適に制作したいすべての3Dアーティストに最適なパッケージです。初心者から手慣れたプロまでCINEMA 4Dの幅広いツールと機能を使うことで、驚くような結果をすばやく作成できます。CINEMA 4Dの圧倒的な安定性は、スピードが求められる3Dプロダクションに最適。アーティストのニーズに合わせたパッケージにより魅力的な価格でお買い求めいただけます。

ベースプラットフォーム製品の「Prime」をはじめ、放送用グラフィック制作に最適な 「Broadcast」、建築や内装、プロダクトデザインに最適な「Visualize」、全ての機能を網羅した「Studio」に加え、映画業界 でも定評な「BodyPaint 3D」を加えた5製品。さらには、長期間安心して利用頂けるための「MAXONサービス契約」(MSA)がオプションをご用意、予算や用途に合わせたCINEMA4Dをご利用いただけます。

Vectorworksとの連携

Vectorworks(2013以降)からはCINEMA 4D形式のファイルを直接書き出すことができるようになっているため、CINEMA 4D R18とVectorworksとの連携はスムーズに行えます。

ビデオをみる >

ユーザ事例

CINEMA 4Dは様々な業界で活用されています。以下はその一例です。

ビデオをみる >

映画でのCINEMA 4D

監督がカットと言った後も、言う前と変わらず重要です。CINEMA 4Dには、映画やVFXのためのすばらしいツールがあり、プレビジュアライゼーションのためのすばやいワークフローからトラッキングやデジタルマットのための機能が搭載されています。

更に詳しくはこちら(MAXON) >

建築でのCINEMA 4D

建築では、あなたの創造性を元に鉄、石材を使います。ビジョンを売ることは決して簡単ではありません。しかし、CINEMA 4Dの特別なワークフローを使って、あなたのコンセプトにダイナミックなイメージとアニメーションで命を与えます。図面やスケッチを再現するSketch and Toonレンダリングからフォトリアルなレンダリングまであなたの建築を実現します。

更に詳しくはこちら(MAXON) >


製品ラインナップ

CINEMA 4Dの各グレードは、各業界向けに特化した機能を提供するように設計されています。直感的なインタフェースと堅牢な安定性はすべて製品で提供されています。あなたのニーズや予算に合った機能を持つパッケージをお選びください。また、必要に応じていつでもグレードアップが可能です。

Studio

全ての機能を搭載した最上位パッケージ

Studioは、プロの3Dアーティストのために提供する最高の製品です。CINEMA 4D Studioには、Prime、Visualize、Broadcastの機能はすべて含まれており、さらにより高度なキャラクタアニメーションツール、ヘア、物理シミュレーションエンジンなどが追加されています。

Broadcast

放送業界に最適なパッケージ

Broadcstは、ダイナミックな放送用グラフィックを、すばやく簡単に作成するために必要なものがすべて入っています。モーショングラフィックス・アーティストなら、理想的な選択です。


Visualize

建築/機械/プロダクト向けパッケージ

携帯電話やビル、自動車などあらゆるものをビジュアル表現しなければならない時、Visualizeは、素晴らしいイメージと映像をすばやく作成でき、リアルに表現してくれます。

Prime

プロ3DCGのためのベーシックパッケージ

簡単な操作性、スピード、プロフェッショナルな結果が得られるCINEMA 4D Primeは、グラフィックデザイナーが3Dをツールの一つに加えるのに最適な製品です。

BodyPaint 3D

ハリウッドでも定評のBODYPAINT

お気に入りの画像編集ツールが、一つの3D環境の中で使えたら、すばらしいと思いませんか?そして、それがあなたがお使いの3Dアプリケーションと連携できるなら、さらにすばらしいことではないでしょうか?それがまさにBodyPaint 3Dなのです!

MAXONサービス契約

来年の予算計画に驚くことはもうありません

MAXONサービス契約 (MSA)は、MAXONのお客様に提供されるオプションです。ご契約いただいたお客様には、常に最新版のCINEMA 4DもしくはBodyPaint 3Dが提供されます。

>>機能比較の情報についてはこちら(MAXON)


>>さらに詳細な機能比較の情報についてはこちら(MAXON)

機能比較表

ワークフロー Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
ビューポートの改善
テイクシステム
モーション/オブジェクトトラッカー
カメラキャリブレーション
レンズ補正
モーションカメラ
Alembic サポート 入力のみ
Nuke/Photoshop との連携
After Effects との連携
Houdini Engine との連携
頂点カラーのペイント
外部プラグインのサポート
Substance Engineの搭載
モデリング機能 Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
スカルプト
ポリゴンモデリングツール(新ナイフ含む)
スプラインモデリング
デフォーマ
レンダリング Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
レイトレースレンダリング
グローバルイルミネーション
IES(配光データ)サポート
フィジカルスカイ
フィジカルレンダラー
薄膜シェーダ
シャドーキャッチャー  
セル/ 手描きレンダリング
ステレオ3D レンダリング
Team Render クライアント数 3 3 無制限
モーショングラフィックス Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
MoGraph
ボロノイ分割
プログラミング Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
XPresso(ノードベース)
Python / C++ API のサポート
アニメーション Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
キーフレームアニメーション
ノンリニアアニメーション
バーチャルウォークスルー
キャラクタアニメーション Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
ジョイント
コンストレインツ
リグ/ マッスル/ ポーズモーフ
シミュレーション Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
標準パーティクル
Thinking Particles
ヘア
リジッドボディ
ソフトボディ/ クロス
建築用芝生
BODYPAINT 3D 機能 Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
3D ペイントツール
UV 編集
ProjectionMan
素材集 Prime Broadcast Visualize Studio BodyPaint 3D LITE
放送用素材
建築用素材集
ハウスビルダー
パッケージヘルパー
パラメトリック建具

※ Cinema 4D LITE は、After Effects CC に含まれているもので、単体発売はされておりません。

対応フォーマット

3D フォーマット            
読み込み / 書き出し 3ds 、Collada、DXF、FBX、STL、VRML2、Wavefront (obj)、Alembic
読み込みのみ bvh 、SketchUp (Studio / Visualize のみ)、DEM 、DWG、IGES (Studio / Visualize のみ)
書き出しのみ Direct 3D .x
2D フォーマット            
TIFF、BodyPaint 3D、Photoshop PSD、Targa TGA、HDRI、DPX、Open EXR、BMP、PICT、IFF、JPEG、RLA、RPF、PNG、QuickTime、AVI (Windowsのみ)、ai / EPS(読み込みは全グレード/ StudioとVisualizeのみ書き出しも可)、DDS(読み込みのみ)