Cinema 4D RELEASE 20 の新機能

大いなる進化

Cinema 4D Release 20は、テクノロジーの進化のためクリエイティブを新しい力を与える大規模な新しいフレームワークを導入しました。その可能性は無限大。あなたのクリエイティビティを開放します。

Cinema 4D General Showreel 2018 ビデオを見る 機能表を見る(MAXON)

ノードベースマテリアル

シンプルなリファレンスシェーダから複雑なものまでノードベースによるすばらしいマテリアルが構築できます。ノードで作られた複雑なエフェクトは、アセットにまとめることで必要なパラメータのみをアクセスできるシンプルなマテリアルにできます。R20 のノードベースマテリアルは、あなたのワークフローを変える力を持っています。ノードを組み合わせて素晴らしいシェーダを作成したり、誰かが作成した共有アセットも使用できます。

MoGraph フィールド

エフェクタやデフォーマ、ウェイトをコントロールする形状として使うだけではありません。フィールドは、MoGraphの機能に革命を起こします。減衰を組み合わせることで複雑なエフェクトも簡単に作れます。C4Dの使い方から大きく変わります。

CADデータのインポート

ファイル変換の煩わしさから開放 – 主要なCADフォーマットがドラッグ&ドロップで簡単に開けるようになりました。STEP、Solidworks、JT、Catia、IGESファイルを堅牢で柔軟なインポーターにより、お持ちのモデルデータを高品質に読み込めます。

ボリュームモデリング

OpenVDBで実現

優れたブーリアンのように、形状、スプライン、パーティクル、ノイズを組み合わせてモデルを生成できます。これもボクセルとOpenVDBのおかげです。VDBのインポートおよびエクスポートから、ボリュームを使ってMoGraphエフェクトの制御もできます。

ProRenderの改善

次世代のネイティブGPUレンダリングがここに – プロダクションレベルの仕事を実現する機能が満載です。サブサーフェイス・スキャッタリング、モーションブラー、マルチパスのレンダリングが、高速なPCもしくは最新のiMacで行えます。

コアテクノロジー

R20は、最新のコアテクノロジーへの移行が進み、APIの大幅な変更と新しいモデリングフレームワークの開発を行いました。

マルチインスタンス

クローナをマルチインスタンスモードに切り替えるだけで、数百万のオブジェクトをCinema 4Dのビューポートで管理できます。

モーショントラッカー

モーショントラッカーは、ワークフローが改善されより効率的に作業が行えるようになりました。

CINEMA 4D

Cinema 4Dは、感動的な作品をすばやく快適に制作したいすべての3Dアーティストに最適なパッケージです。驚くような結果をすばやく作成できます。

 詳細 

機能比較

Cinema 4Dの各グレードは、各業界向けに特化した機能を提供するように設計されています。ニーズや予算に合った機能を持つパッケージをお選びください。

 詳細 

価格一覧

初心者から手慣れたプロまで、アーティストのニーズに合わせたパッケージにより魅力的な価格でお買い求めいただけます。

 詳細