研究開発

SDK手習い帖

SDK手習い帖では『Vectorworks SDK(Software Development Kit)』を使ったVectorworks上で動作するプラグインの開発方法をご紹介します。
本手習い帖はVectorworks2017ベースです。
Vectorworks2016バージョンのページはこちら、Vectorworks2015バージョンのページはこちら、Vectorworks2013バージョンのページはこちら

Vectorscriptと比べると少し手間がかかりますが、プログラムが完成し動いた時の喜びは一入です。

まずはVectorworks SDK、開発ツールの準備から始めて、SDKを使った開発の世界をご覧ください。


はじめてのSDK
Vectorworksプラグインを開発するため準備からテンプレートを使った簡単な開発方法が学習出来ます。
カスタマイズする
はじめてのSDK」で作成したプラグインからVectorworksを操作するプログラミングを学習出来ます。