ニュースリリース

設計・デザインの作業環境と図面のグラフィック表現を大幅に改善する最新CAD・BIMツール「Vectorworks 2019」を発売

情報掲載日:2018/11/1

エーアンドエー株式会社

キヤノンマーケティングジャパングループのエーアンドエー株式会社(代表取締役:横田貴史、以下エーアンドエー)は、CAD・BIMツールの最新バージョン「Vectorworks 2019」を2019年1月16日より発売します。エーアンドエーは、本バージョンで作業環境と図面のグラフィック表現の大幅な改善を行い、お客さまの業務効率化を支援します。

「Vectorworks 2019」は、2D、3D、データベース、高品質レンダリングなど豊富な機能を搭載した設計・デザインのためのワンストップアプリケーションです。本バージョンアップに伴い、BIM・建築・インテリア設計、造園設計、舞台照明設計など専門分野の設計業務をさらに効率化します。

作業環境と図面のグラフィック表現を大幅に改善

「Vectorworks 2019」は、大規模プロジェクトなどで扱う大容量ファイルを開くときの時間を最大1/3(開発元比)に削減し、加えてシートレイヤの描画性能の向上により、複雑な図面を快適に表示します。また、シンボルやプラグインオブジェクトの2D図形を自由に変更できるため、平面図や立断面図の縮尺に応じて詳細度を3段階で表現できます。

BIM・建築設計機能の強化

Vectorworksの専門分野別ラインアップのBIM・建築設計向け「Vectorworks Architect 2019」は、新しいデータタグを搭載し、オブジェクトのパラメータや各種設定値をダイナミックに表示することが可能です。また、登り天井や床に段差のある部屋でもスペース形状を設定することで精確な室容積が算出でき、BIM・建築の設計を行う際のモデリングや作図環境の効率化を促進します。

製品名 価格(税別) 発売日
Vectorworks 2019 30万5,000円〜 2019年1月16日

<Vectorworks 2019の主な特長>

1.作業環境の大幅な改善

  • 大規模プロジェクトなどの大容量ファイルを開くときの時間を最大1/3(開発元比)に短縮
  • Vectorworks Graphic Moduleのシートレイヤ対応による表示レスポンスの向上
  • レイヤやクラスのフィルタリング、検索、表示セット保存機能の搭載

2.図面のグラフィック表現を改善

  • シンボルやプラグインオブジェクトの2D図形を、図面の種類や詳細度(低・中・高)に応じた表現に変更が可能
  • クリップキューブを設定した状態でシートレイヤ上にビューポートの作成が可能
  • レンダリング設定のあるビューポートや取り込んだ画像データに、イメージエフェクトを適用できる新しいプレゼンテーション機能の搭載

3.BIM・建築設計機能の拡張

  • オブジェクトの設定値をダイナミックに反映できる新しいデータタグツールの搭載
  • 登り天井や床に段差のある部屋の、スペース形状を正しく設定できる機能
  • 水平断面ビューポート作成機能の分離独立による、より詳細で柔軟な表示設定の搭載
  • 設定への素早いアクセスと、階段と床の接合部分の改善による階段オブジェクトの強化

4.用途、利用環境ごとに選択可能な充実の製品ラインアップ

スタンドアロン版
・Vectorworks Designer 2019 Vectorworksシリーズのすべての設計支援機能を搭載した最上位製品
・Vectorworks Architect 2019 BIM・建築設計支援機能を搭載した建築/内装業界向け製品
・Vectorworks Landmark 2019 ランドスケープデザイン機能を搭載した都市計画/造園業界向け製品
・Vectorworks Spotlight 2019 舞台照明計画支援機能を搭載したエンタテインメント業界向け製品
・Vectorworks Fundamentals 2019 設計製図の基本機能を搭載したVectorworksシリーズの基本製品

サーバ/クライアント型で大規模なライセンス管理、運用を可能にする「ネットワーク版」も用意

  • Vectorworks はVectorworks, Inc. の登録商標です。