Vectorworks 2021の新機能

Vectorworks 2021では、建材をはじめとするあらゆる材料をマテリアルで定義でき、各種オブジェクトに割り当てることができます。壁やスラブなどの構成要素にも利用できるため、プロジェクトの一貫性が向上します。また、インターフェイスの改善により、これまでよりもマウス移動やクリック数が少なくなり、さらに直感的で素早い作図・モデリングが可能となります。

BIM・建築設計機能の拡張として合理的なグリッド線ツールが各種ビューポートに自動で表示され、図面作成を効率化します。また、図面マーカーが刷新され、カスタマイズが可能な上、PDF取り出しの際には図面へのハイパーリンクとなります。さらに、Revitデータの取り出しが向上し、オブジェクトメタデータのサポートを実現しました。

Vectorworks2021|各製品の搭載機能の紹介

各機能の説明には、その機能を搭載している製品を各プロダクトマークで表記しています。白抜きされたマークは、同機能が搭載されていない製品です。
また、説明内でFundamentalsを除いた製品を総称して、「デザインシリーズ」と表記しています。

F…Fundamentals 
A…Architect 
L…Landmark 
S…Spotlight 
D…Designer 

新機能のご紹介

Vectorworks 2021に新たに搭載された機能の一部を動画でご紹介します。新機能を中心に紹介をした「What's New in 2021(機能アップガイド)」、Vectorworks 2021の製品ラインナップ、機能を紹介した「Vectorworks 2021 総合カタログ」もあわせてご覧ください。

3Dモデリングの強化
ランドスケープエリアの強化
照明器具の強化
新しい図面マーカー
新しいグリッド線ツール
マテリアル
Revit取り出しの改善
クイック検索の搭載
Excel取り出し/取り込み
スマートオプションディスプレイ
勾配ツールの強化
ポイント間複製と配列複製の改善
オーディオツールの改善
パレットタブの切り離し
新しいケーブルツール
プロジェクト共有サーバー

旧バージョンで搭載された機能

旧バージョンのVectorworksで搭載された機能はこちらをご覧ください。

機能比較/データ互換表

Vectorworks 各製品別の搭載機能比較を確認できます。また取り出し、および取り込みの互換ファイル形式も製品別に確認できます。

詳しい情報

モバイルアプリ

リモートコントロールやクラウドと連動してデザインデータのモバイル活用など、Vectorworksを拡張するスマートデバイスアプリの情報です。

詳しい情報

ソリューション

Vectorworksソリューションでは、プラグインソフトウエアや連携ソフトウエア、素材集など、Vectorworksをより強化する製品の情報です。

詳しい情報