Vectorworks 2020で搭載された機能

各機能の説明には、その機能を搭載している製品を各プロダクトマークで表記しています。白抜きされたマークは、同機能が搭載されていない製品です。
また、説明内でFundamentalsを除いた製品を総称して、「デザインシリーズ」と表記しています。

F…Fundamentals 
A…Architect 
L…Landmark 
S…Spotlight 
D…Designer 

Vectorworks 2020で搭載された機能のご紹介

Vectorworks 2020で搭載された機能の一部を動画でご紹介します。

作業中のデータの可視化
GISの統合
ビデオカメラオブジェクト
Revit取り出し
DMXパッチ
履歴ベースの3Dモデリング
舗床の位置合わせモード
座席セクションレイアウト
リスト表示の直接編集
改善されたVectorworks Graphics Module
ウォークスルーアニメーション
データマネージャ
強化されたデータタグ
ドアと窓の改善
ヒンジトラス
概略図機能
IFC参照

機能比較/データ互換表

Vectorworks 各製品別の搭載機能比較を確認できます。また取り出し、および取り込みの互換ファイル形式も製品別に確認できます。

詳しい情報

モバイルアプリ

リモートコントロールやクラウドと連動してデザインデータのモバイル活用など、Vectorworksを拡張するスマートデバイスアプリの情報です。

詳しい情報

ソリューション

Vectorworksソリューションでは、プラグインソフトウエアや連携ソフトウエア、素材集など、Vectorworksをより強化する製品の情報です。

詳しい情報