Vectorworks 2020の新機能

Vectorworks 2020では情報の管理・表示の拡充とプレゼンテーション機能が進化しました。設計に必要な追加情報をあらかじめ設定・管理でき、割り当てられた情報を素早くその場で表示することで、設計業務の効率化を図ることができます。さらに、アニメーション機能が進化し、自由なパスからウォークスルーアニメーションを作成できます。加えて、取り出しに360度ムービーを選択することで、動画再生中のアングル変更も可能です。

BIM・建築設計機能の拡張として起伏を伴う周辺環境にフィットする舗床ツールを搭載し、外構デザインの柔軟性を高めます。また、GISサービスと統合することにより、敷地周辺の地図や航空写真を取り込むことができ、BIMモデルとの重ね合わせが可能となります。さらに、IFC参照、Revitデータの取り出しによって、コラボレーション機能が向上します。

Vectorworks2020|各製品の搭載機能の紹介

各機能の説明には、その機能を搭載している製品を各プロダクトマークで表記しています。白抜きされたマークは、同機能が搭載されていない製品です。
また、説明内でFundamentalsを除いた製品を総称して、「デザインシリーズ」と表記しています。

F…Fundamentals 
A…Architect 
L…Landmark 
S…Spotlight 
D…Designer 

新機能のご紹介

Vectorworks 2020に新たに搭載された機能の一部を動画でご紹介します。新機能を中心に紹介をした「What's New in 2020(機能アップガイド)」、Vectorworks 2020の製品ラインナップ、機能を紹介した「Vectorworks 2020 総合カタログ」もあわせてご覧ください。

作業中のデータの可視化
GISの統合
ビデオカメラオブジェクト
Revit取り出し
DMXパッチ
履歴ベースの3Dモデリング
舗床の位置合わせモード
座席セクションレイアウト
リスト表示の直接編集
改善されたVectorworks Graphics Module
ウォークスルーアニメーション
データマネージャ
強化されたデータタグ
ドアと窓の改善
ヒンジトラス
概略図機能
IFC参照

機能比較/データ互換表

Vectorworks 各製品別の搭載機能比較を確認できます。また取り出し、および取り込みの互換ファイル形式も製品別に確認できます。

詳しい情報

モバイルアプリ

リモートコントロールやクラウドと連動してデザインデータのモバイル活用など、Vectorworksを拡張するスマートデバイスアプリの情報です。

詳しい情報

ソリューション

Vectorworksソリューションでは、プラグインソフトウエアや連携ソフトウエア、素材集など、Vectorworksをより強化する製品の情報です。

詳しい情報