製品販売終了のご案内

この度2016年12月末日をもちまして、本製品の販売を終了させていただくこととなりました。今までのご愛顧に心より感謝申し上げます。販売終了に伴いお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

詳細については販売終了のお知らせをご参照ください。



A&A SHADOW 機能紹介

各地方審査機関による緯度経度情報をデフォルト値に搭載

各地方審査機関による緯度経度情報をデフォルト値に搭載しました。各都市の緯度経度の入力も可能です。


時刻日影図の属性を時刻ごとに管理

計算実行(時刻日影計算モード)により描画される各時刻日影図は、時刻ごと別々のクラスが設定されます。時刻日影図の線の色や面の色等の属性を時刻ごと管理することが可能です。

プラグインメニューからマニュアル表示

各プラグインメニューに操作マニュアル(PDF)を直接表示する「マニュアルを表示」コマンドを搭載しました。


平均地盤面の展開図分割

平均地盤面に平均地盤面展開図コマンドを実行することで分割数による的確な比率で表示します。申請図面など効率的に作業いただけます。

評価面の高さ設定方法の改良

評価面設定時の評価面レベルの値を選択すると、評価面の高さに反映されます。さらに平均地盤面を選択すると、評価面の高さに平均地盤面の高さが反映されます。


日影倍率の編集機能が向上

日影倍率の「手入力(編集)」で設定した数値をVectorworksファイルに保存します。編集機能により、各審査機関指定の値に変更して計算も可能です。

生成される「日影形状算定表」は時刻・方位角・倍率のほか、各頂点の測定位置の高さと評価面からの高さが記載されますので、審査機関への提出書類作成に活用できます。


より見やすくなった日影形状算定機能

日影形状算定の各頂点番号が、よりみやすく表示されるようになりました。複数の頂点番号が重なる場合でも、位置が重ならずに配置されます。

評価面の設定時に平均地盤面を表示

評価面設定の際に、評価面の平均地盤高さを確認できるようになりました。


斜度のある評価面に対応

傾斜した評価面に対しても正確な影を計算することができます。これにより、申請図面だけでは把握しづらい、斜面地で実際に落ちる影の様子を再現することができ、近隣説明などで効果を発揮します。


秒単位での計算を実現

時刻日影図計算、等時間日影計算、地点日影計算を1本化し、使いやすいインターフェースを実現しています。さらに、秒単位での計算が可能で、より高精度な結果が反映できます。
また、日影形状算定表が作成できるようになり、日影倍率の設定で「手入力」も可能です。

また、2014対応版より手入力時の計算精度が向上しました。任意の間隔で計算が可能です。

 
 

3D日影図の作成が可能

評価面だけではなく、影自体も3次元で表現することができます。
視点を変えて影の落ちる様子を見るなど、多角的な検討が可能となり、近隣説明にも役立ちます。

 
 

壁面・地点日影の計算

Vectorworksでの各種3Dの操作を行いながら、3Dの地点日影計算条件を設定および実行が可能です。
計算を行うとワークシートに地点日影計算結果(測定点の日影時間および開始/終了時刻)が作成されます。
さらに地点指定した3D基準点に地点日影のポイントをあらわす数字が配置され、同時にその地点日影ポイントの時間帯ごとに影をあらわすグラフが生成されます。



 
 

一体化された複合日影の作成

島日影などの複雑な計算も、より高精度に行うことが可能です。
複棟の場合などで、一つの等時間日影図が複数の形になったり(島日影)、穴が空いた形になることがあります。これらは各時間毎に一つの図形として一体化されていますので、重なっているものを移動して個々に形状を確認する場合などでも、まとめて扱えるので便利です。

 
 

傾斜面への日影

3次元的に影を計算していますので、傾斜した評価面に対しても正確な影を計算することができます。
これにより、申請図面だけでは把握しづらい、斜面地で実際に落ちる影の様子を再現することができ、近隣説明などで効果を発揮します。


 
 

評価面毎に異なる間隔の等時間日影

一部分だけ詳細に検討したい場合など、その部分を別の両方に評価面(計算範囲)を設定し、等時間日影の間隔を細かくすることで別々の計算結果を得ることが可能です。

右図の例は、左右で評価面をそれぞれ作り、[2時間半と4時間]、[2時間と5時間]とで計算した結果です。


 
 

天空図の作成機能

任意の高さの観測位置から見た天空図作成が可能です。
描画モードは、半天空図・全天空図(等距離投影)・全天空図(正射影)の3つの表現が可能です。

 
 

平均地盤面計算

敷地(地盤面)を3D多角形で生成後、平均地盤高さを計算する領域を四角形/多角形ツールで作成、計算することで平均地盤面高さを求めることが可能です。

計算後、平均地盤面計算領域結果がワークシートに生成されます。
また、地盤面の断面図形は3D多角形で生成され、各頂点に番号が割り振られた領域をデータパレット内、「レコード」タブで確認することができます。

 
 



共通化された地域・方位設定

地域・方位設定ダイアログが「A&A VOLUME」、および「A&A 天空定規」と共通化され、より分かりやすくなりました(A&A 天空定規は方位のみ)。
一度、設定をしたドキュメントであれば、他のプラグインに切り替えても、同一設定のままでそれぞれの計算を行うことが可能です。

 

TOP> 機能紹介>> 価格