モデリング

Cinema 4Dは、オブジェクトの作成は常に簡単でインタラクティブですが、Release 19ではキーボードショートカットが向上しオブジェクトの挿入が簡単になりました。高速で自由度の高いポリゴンリダクション・ジェネレータでオブジェクトをシンプル化も可能。将来より高度なモデリングが行えるモデリングツールをリリースするために、モデリングコアが更新されました。

ポリゴンリダクション

Cinema 4Dの新しいポリゴンリダクションツールは、ジェネレータとして動作し、階層下にあるオブジェクトを簡単にリダクションします。リダクションは事前計算され、リダクション強度を変更したり、望む頂点数に調整できます。ポリゴンリダクションは、頂点マップと選択範囲タグ、UV座標は保持するので、テクスチャのマッピングは保持され、ディテールを保持したい部分も制御可能です。

モデリングコア

Release 19は、モデリングツールを構築している新しい基盤をほんの少しだけ見ることができます。 Cinema 4Dの新しいモデリングコアには、エッジ、N-gon、その他のサーフェス属性のネイティブサポートが強化されました。その一端として、 Release 19では、法線をそろえるコマンドと法線の反転コマンドのアルゴリズムが刷新され、N-gonsとサーフェス属性の信頼性が高くなりました。

オブジェクトの挿入

Cinema 4Dの階層構造は、クリエイティブのスピードをアップさせている重要な設計の一つですが、Release 19では複数のオブジェクトに対してジェネレータやデフォーマを適用することが簡単になりました。これまで何度もドラッグ&ドロップが必要だった作業も、ホットキーを使って作成するだけです。選択オブジェクトにジェネレータを親として作成するならAlt/Optionキーを押しながら、デフォーマを子オブジェクトして追加するにはShiftキーを押しながらオブジェクトを追加するだけです。Ctrlキーを押しながら新規オブジェクトを追加すると同位置かつ並んで作成され、Alt+Ctrlキーを押しながら作成すると全ての選択オブジェクトを子にした親オブジェクトとして作成されます。

頂点カラー改善

ポイントをペイントされた頂点カラーをオブジェクトを選択せずに表示できるようになったので、他のオブジェクトの配置の指標として使えます。サーフェイスの属性をクランプされていない頂点カラーの値として保持できるので、他のアプリケーションとのデータ変換にも使えます。

CINEMA 4D

Cinema 4Dは、感動的な作品をすばやく快適に制作したいすべての3Dアーティストに最適なパッケージです。驚くような結果をすばやく作成できます。

 詳細 

機能比較

Cinema 4Dの各グレードは、各業界向けに特化した機能を提供するように設計されています。ニーズや予算に合った機能を持つパッケージをお選びください。

 詳細 

価格一覧

初心者から手慣れたプロまで、アーティストのニーズに合わせたパッケージにより魅力的な価格でお買い求めいただけます。

 詳細