アニメーション

MAXONが手がけた誰にでも使いやすいVFXワークフローとツールは、実写映像に3Dオブジェクトを合成できます。コンストレイントやクォータニオン、優先順位の変更により、キャラクターアニメーション機能と潜在的なコードの汎用的な改善がされました。

オブジェクトトラッカー

オブジェクトトラッキングで、Cinema 4Dで作成したものを実写に合成しましょう。MAXONが次に手がけたのは、だれにでも使いやすいVFXワークフローとツールです。カメラとオブジェクトを動きを解析して、映像を3Dワールドに変換します。トラッキングポイントを2Dユーザートラッカーを追加してオブジェクトラッカーに適用します。オブジェクトの特徴点か参照ジオメトリのガイドを解析します。これで実写に対して3Dオブジェクトをいくつでも合成できます。

親のコンストレイント

オブジェクトをある親オブジェクトから別の親オブジェクトに渡すことは、3Dアニメーションにおいて非常に複雑な工程です。Release 18の新しい親コンストレイントのワークフローは、確実で簡単に整合性のとれた結果が得られます。

クォータニオン

ジンバルロックは宇宙飛行士だけでなく、3Dアーティストも悩ませる問題です。Cinema 4D Release 18の新しいクォータニオンワークフローは、この問題を解決します。クォータニオン回転を有効にすると、角度のキーフレームはジンバルロックがなくなり、線形か三次で補間されます。

優先順位をシフト

優先順位を順番に処理しなければならない場合、複雑な構造になることがありますが、新しいタグを使えば簡単です。優先順位をシフトしたいオブジェクトグループにタグをつかしたり、適用されているタグの属性を編集するだけです。このタグを外部参照オブジェクトと一緒に使うと元のファイルに影響をあたえることなく、優先順位をシフトできます。

CINEMA 4D

Cinema 4Dは、感動的な作品をすばやく快適に制作したいすべての3Dアーティストに最適なパッケージです。驚くような結果をすばやく作成できます。

 詳細 

機能比較

Cinema 4Dの各グレードは、各業界向けに特化した機能を提供するように設計されています。ニーズや予算に合った機能を持つパッケージをお選びください。

 詳細 

価格一覧

初心者から手慣れたプロまで、アーティストのニーズに合わせたパッケージにより魅力的な価格でお買い求めいただけます。

 詳細