検証結果確認・レポート機能

Soribri Model Checkerでは、さまざまなルールによってチェックされた結果を画面での確認のほか、PDFやXLSなどの汎用的な形式で取り出すことが可能です。

結果を確認できる対象タブ

情報ビューに対象タブが追加されました。対象タブにはチェック結果のコメント( 案件 )が表示され、案件をクリックする事で結果ビューや確認ビューのルールを直接アクティブにできます。
対象タブ内に表示されたコメントをクリックすると確認タブに移動し、クリックしたコメントのルールと結果が表示され、詳細な結果も即座に見ることができます。


3Dビューからの問題確認

3Dビューのコンテクストメニューに「案件にコンポーネントを表示」が追加されました。任意に選択したコンポーネントに関連する全ての問題コンポーネントを表示できます。


プレゼンテーションレポート

ルールセットに基づいて検出された問題点にコメントをつけることができます。コメントと合わせて「承認済み」、「除外」、「未定義」、「変更しない」のステータスを設定することも可能です。さらに検索機能によって、プレゼンテーション内を『追跡ID』『コメント』『位置』についてワード検索が可能です。

それぞれにコメントを追加した後、「プレゼンテーション」タブでまとめ、レポート出力することができます。


2つのファイルの差分チェック(リビジョンチェック)

例えば、変更前と変更後、修正前と修正後などの2つのファイルを比較、設計変更点や修正によるモデル同士の不整合を容易に把握することができます。


プレゼンテーション/結果ビューへのハイパーリンク

ルールセットに設定したハイパーリンクが、結果ビューの該当結果項目やプレゼンテーション(レポート)へ追加されるようになりました。ルールセットへハイパーリンクが追加された際、関連するプレゼンテーションやチェック結果へ自動的に追加されます。


チェック結果を集計出力機能

チェックの結果をカウントし表示するビューに結果をリストとして出力できます。プロジェクトが進むにつれて、品質の向上の進捗を簡単に計る事ができます。

汎用形式でのレポート出力

チェックした結果は「情報の取り出し」機能を使って様々に取り出すことができます。スペースの容量、容積、部材の数量等、それぞれを集計し取り出せます。レポートは、PDFをはじめ、RTF、XLSで取り出すことができるため、検証結果をExcelやAdobe Reader等で確認することができます。


レポート機能

Soribri Model Checkerでは、さまざまなルールによってチェックされた結果を画面での確認のほか、PDFやXLSなどの汎用的な形式で取り出すことが可能です。

 詳細 

評価版のお申込み

評価版にてSolibri Model Checkerの性能・機能を是非お試しください。15日間の使用制限以外、全ての機能をお試しいただけます。

 詳細 

Vectorworks

2D/3Dのシームレスな作図機能に、彩色豊かなプレゼンテーション、リアルなレンダリングなど、デザイナーの設計環境を支援する汎用CADソフトウエアです。

 詳細