様々なチェック機能

モデルチェックは、ルールセットによって様々に行うことが可能ですが、大きく分けて”モデル欠落チェック”、”干渉チェック”、”構造の整合性チェック"、"2つのファイルの差分チェック"、"スペース(空間)分析"、"アクセシビリティチェック"などが行えます。

モデル欠落チェック

チェック対象モデルに梁や柱など、建築を成立させるために必要な要素が正確に含まれているかをチェックすることが可能です。また、チェック対象も出るに含まれている全ての部材に対して、必要な属性情報が含まれているかを確認することも可能です。


部材ごとの干渉チェック

同一モデル内の部材チェックにくわえて、建築モデル(意匠)と構造モデル、建築モデルと設備モデルといった異なるモデル同士の干渉チェックを行えます。モデル同士が干渉しあっている部分はハイライト表示されるため、一目で問題を把握することが可能です。


構造モデルの整合性チェック

壁、スラブ、柱、梁などの建築モデルと構造モデルの整合性チェックが可能です。また、構造モデルに含まれる部材の位置と大きさを建築モデルと比較、確認できます。また、柱や梁の断面形状をチェックすることも可能です。


2つのファイルの差分チェック(リビジョンチェック)

例えば、変更前と変更後、修正前と修正後などの2つのファイルを比較、設計変更点や修正によるモデル同士の不整合を容易に把握することができます。


スペース(空間)分析

スペースに関する分析と積算を自動で行うことができます。スペースチェックでは、アクセシビリティや用途に応じた必要面積の確保などをチェックすることが可能です。


アクセシビリティチェック機能

用途に沿った必要空間があるか、ないかをチェックすることができます。例えば、避難経路。モデルの空間情報を基に特定の部屋から非常口や安全な場所への避難経路を求めることができます。さらに、通路幅や室内のフリースペースなど、バリアフリーに関するチェックもできます。


レポート機能

Soribri Model Checkerでは、さまざまなルールによってチェックされた結果を画面での確認のほか、PDFやXLSなどの汎用的な形式で取り出すことが可能です。

 詳細 

評価版のお申込み

評価版にてSolibri Model Checkerの性能・機能を是非お試しください。15日間の使用制限以外、全ての機能をお試しいただけます。

 詳細 

Vectorworks

2D/3Dのシームレスな作図機能に、彩色豊かなプレゼンテーション、リアルなレンダリングなど、デザイナーの設計環境を支援する汎用CADソフトウエアです。

 詳細