その他の機能

スケジュール表示の設定

スケジュールの時間軸の単位は、[時間]、[日]、[週]、[月]、[四半期]、[年]が選べ、1日の稼働時間の設定等も細かく行うことができます。

アクティビティメモ

各アクティビティには情報としてメモが追加できます。
大事な内容、検討中の事項、伝達事項などを記載、個人レベルのメモから、プロジェクトメンバーの共有メモまで、幅広く活用できます。

リソース情報

各リソースの標準単価や超過単価をはじめ、1日の稼働時間、リソースの種類(従業員、製造業者など)細かな設定が可能です。個別の情報を与えることにより、リソースを管理することができます。

文字や写真の挿入が可能

スケジュール上に補足のメモや注釈をはじめ、イメージ写真などを貼付けることができます。JpegやTIFF、PNGなど一般的なファイル形式に対応しています。

データ互換

Microsoft Projectファイルとのファイル交換が可能です。MPX、XMLファイル形式でデータの取り出しができます。
他にもHTMLやMindManager、iCalカレンダーファイル等へも取り出せます。

プロジェクトの統合

複数のFastTrack Scheduleファイルを一つのマスターファイルに統合可能。
サブファイルの内容が変更された場合は、マスターファイル上で更新を行うことで、サブファイルの変更が反映します。

オンラインでのプロジェクト共有

プロジェクトの詳細を画像ファイル、HTMLファイル、またはiCalendarファイルとして保存することで、依頼主や関係者とオンラインによる情報共有が可能です。

WBSコード設定機能

WBS(Work Breakdown Structure)とは

プロジェクト全体を細かな作業レベルに落とし込んだ構成図。WBSにコード番号をつけることにより、実行する業務の種類をレベルに応じて表示することができます。

動作環境/価格