研究開発

WS一括テキスト取り出し

ここに登録されたプログラムは、A&A OpenTips規約に基づき公開されているものです。

OpenTipsご利用規約を良く読み、納得された上でお使いください。


概要・解説

本プログラムの概要や解説は、VS手習い帖として公開されています。
詳細はVS手習い帖の記事をご覧ください。

機能

開いているファイルで、ワークシートを一括テキスト取り出しします。

導入方法

  • 「Plug-Ins」フォルダに「VS_WSexport.txt」を入れます。
  • 「VS_Sample」フォルダごと「Plug-Ins」フォルダに入れても構いません。

操作方法

  • 「ツール」メニューから「スクリプト」-「コマンドを実行」で「VS_WSexport.txt」ファイルを選択すると、「WS一括テキスト取り出し」が実行されます。
  • アクティブなファイルで、ワークシートの数と、ファイルが保存されているフォルダを確認します。
    取り出しされるテキストファイルは、この場所の新規フォルダ内に出力されます。
  • ダイアログ「ワークシート一括取り出し実行しますか?」が表示されるので「はい」をクリックします。
  • ワークシートごとに、テキストファイルが出力されます
  • レイヤ名、クラス名、文字列の順にワークシートに書き出します。

注意事項

  • 同名のファイルがある場合には、全て上書きされますのでご注意ください。

動作環境

Vectorworks2013J,2012J,2011J上でご利用ください。


プログラム名 作者 バージョン 更新日付
VS_WSexport.txt 代田 1.0 2013.05.14
ファイル情報
ダウンロードファイル

wsexport.zip(3KB)

内容物

VS_WSexport.txt

ダウンロード
WS一括テキスト取り出しのダウンロード