VectorWorksではじめるインテリアデザイン

インテリア専門雑誌『室内』に2000年1月号から2002年4月号まで連載された「CADのすすめ」のなかで、VectorWorksに関わるところを大幅に訂正加筆したものです。本書の内容は大きく4つに分かれています。
本書は、先に出版された「VectorWorksインテリアデザインガイド」((株)ワークスコーポレーション発行)と表裏一体となるものです。前書の内容が3D中心であったものに対して、本書は2D機能についての詳しい記述を補い、まず読んでわかることを目標にしています。また、内容の重複を避けるため、たとえば「色彩計画への応用」のように前書に詳しい項目の記述は本書では最小限に抑えられておりますので、2冊揃えられるとなお効果的です。
なお、本書はすべてVer.9.5で統一し、出来るだけ新しい機能の解説も追加しています。

 
Entry VectorWorksのインテリアデザインでの役割と2Dの基本操作のまとめ
2D BASIC 実例を通して2D製図法の習得
3D BASIC 3Dによる家具のモデリング
Advanced 3D表現とハイブリッド平面図の応用によるプレゼンテーション機能の解説

著者 河村 容治 著
出版社 株式会社毎日コミュニケーションズ 発行
書籍体裁 ◆255ページ ◆B5
定価 本体価格:2,500円+税
購入方法 一般書店