教育・トレーニング

APA スペシャルWeb講演会開催ー【プレゼンテーション 編】ー

APA(A&A Vectorworksプロフェッショナルアドバイザー)が講師となってインターネット上で行うスペシャルWebセミナー終了レポートです。

APA スペシャルWeb講演会【プレゼンテーション編】

『楽しく使おうVectorworks』

開催日時:6月29日(木) 10:00〜12:00

講師:アーキデザインクラフト 早川 誠也氏 (APAメンバーページ)

設計コンセプトからプレゼンテーションへの展開を操作を交えて紹介してくださいました。

 ▶︎講師からのコメント
VectorworksはMiniCad時代から三次元で設計できた数少ないCADとして25年くらい触ってきました。
住宅や店舗の設計・デザインをしている傍ら、大学で学生に楽しくVectorworksを使いこなしながら、自分の考えを表現してもらえるように指導しています。
我々の仕事もクライアントにプレゼンテーションでコンセプトや考えを伝え、施工業者には図面を使って伝えます。
ただITが発達した今の時代、今まで通りではなくなり、住宅や店舗の提案では完成予想パース(イメージ)が必須となってきています。
また、中規模~大規模の建築ではBIMといわれておりますが、その初歩の段階はやはり三次元です。
本講演では、エスキースからプレゼンテーションまでデータ紹介と操作手順をお話いたします。

 

概要

◆プレゼンテーションへの展開

 エスキース段階からプレゼンテーションへの展開や、光源設定のコツなどを実際に操作を交えてご紹介ししていただきました。 大学の講師をされていることもあり、初めての方にもわかりやすく、丁寧な操作が印象的でした。また実務経験からのエスキースからプレゼンテーションまで大規模建築の構造モデリングなども紹介していただきました。



参加されたみなさまからのコメントです。

「人が作業しているのを見る機会が無かったので、大変参考になりました。また、参加してみたいです。」
「フォークの作り方に感激しました! ビューポートの作成修正の手法の発見でした。ありがとうございました!」
「シンボルの説明が参考になりました。ありがとうございました。」
「操作が分かりやすかったです。」
「ありがとうございました。またこのようなセミナーがありましたら参加させてください。」

お忙しい中、講師をつとめていただきました早川誠也様、ご参加いただいたみなさま本当にありがとうございました。

 


>>その他のWebセミナー一覧へ