教育・トレーニング

APA スペシャルWebセミナー【特別編】ー
開催日時:12月18日(金) 午前/10:00〜11:30・午後/13:30〜15:00

APA(A&A Vectorworksプロフェッショナルアドバイザー)が講師となってインターネット上で行うスペシャルWebセミナー特別編の終了レポートです。

今回はVectorworks2016新製品発表会の東京・大阪会場でスペシャルユーザセミナーの講師を勤めてくださいました、柴田氏と山川氏を迎え『特別編』として開催いたしました。

Vectorworks2016 スペシャルユーザセミナー

開催日時:12月18日(金) 午前/10:00〜11:30・午後/13:30〜15:00

サブディビジョンサーフェスの可能性

   

講師:テコデザイン有限会社 
    柴田 映司氏 (APAメンバーページ)

 

 

   
Vectorworks2016より搭載されたサブディビジョンサーフェス(細分割曲面モデル)を 重点的に実務事例とともに操作手順をご紹介されました。

サブディビジョンプリミティブ立方体・円柱・四角形・球体(基本モデル)を曲げる、押す、引く、伸ばす、断面を回転させる などの編集で、思い描いた造形をペーパークラフトや粘土細工で作成するようにモデリングが作成できるようになりました。

サブディビジョン編集ツールでは、床も壁も天井もつながった空間や、分岐した自転車のフレーム、プリミティブ球体から スプーンを作成するなど、様々な造形物のモデリング手順を次々に紹介していただきました。
柴田氏も「押したり曲げたりする中で思いがけない造形が作成されることで新しい発見が生まれることもあるので、 日々楽しんで実験しています。これまでになく複雑なモデリングができるので、サブディビジョン編集ツールは本当に奥が深く楽しい機能です。」 とサブディビジョンの可能性についてお話くださいました。

 

   

フォトリアルスティックレンダラー:Renderworksの実力

   

講師:Polygon architects
    山川 佳伸氏 (APAメンバーページ)

 

 

   
新たに搭載されたアンビエントオクルージョン、コースティクス、被写界深度などを中心に、さらに広がった表現を可能とする Renderworksをご紹介されました。

アンビエントオクルージョンの効果をVectorworks2015のレンダリング結果との比較事例を検証しながら分かりやすく解説されました。
山川氏は「アンビエントオクルージョンを有効にすると入隅に影がたまり奥行き感が表現できるようになりました。環境光の制限を受けないので手軽に影の強調が できます。影響範囲を直接コントロールできるようになったことも大きく全体が引き締まった設置感のあるリアリティな絵(レンダリング)を作成できる ようになりました。」と違いを強調されていました。

コースティクスの効果では、反射するものと透過するものが両方集光している表現をレンダリングしたガラス(江戸切り子のグラスやプールなどの水面の 集光模様が表現できるレンダリング結果をご紹介。

被写界深度の効果としてモデリングだけでなく背景のぼかしの表現ができるようになった点を挙げられ、Vectorworksとの組み合わせで広がる 活用方法などRenderworksの魅力についても解説いただきました。

   

参加された方からは、
・2015に比べて大幅な機能アップになった印象を受けました。
 とくにサブディビジョン機能は注目大です。
・柴田さん、山川さん、素晴らしい!!とても参考になりました。
・欲しい!!
・非常に良かった。レンダリングスピードの比較的な物も良い。
と感想を頂きました。
お忙しい中、講師を勤めていただきました柴田映司様、山川佳伸様、ご参加いただきましたみなさま
本当にありがとうございました。



>>その他のWebセミナー一覧へ