機能紹介

Vectorworks 2019では作業環境と図面のグラフィック表現を大幅に改善しました。大容量ファイルを開くときの時間を最大1/3(開発元比)に削減し、加えてシートレイヤの描画性能の向上により、複雑な図面を快適に表示します。また、シンボルやプラグインオブジェクトの2D図形を自由に変更できるため、平面図や立断面図の縮尺に応じて詳細度を3段階で表現できます。

BIM・建築設計機能も大幅に強化されています。新しいデータタグを搭載し、オブジェクトのパラメータや各種設定値をダイナミックに表示することが可能です。また、登り天井や床に段差のある部屋でもスペース形状を設定することで精確な室容積が算出でき、BIM・建築の設計を行う際のモデリングや作図環境の効率化を促進します。

Vectorworks2019|各製品の搭載機能の紹介

以下は、新機能の一部のご紹介です。
説明内に記されたマークは搭載製品を示しています。白抜きされたマークは、同機能が搭載されていない製品です。

D…Designer
A…Architect
L…Landmark
S…Spotlight
F…Fundamentals

Vectorworks Graphic Moduleで高速になったシートレイヤ表示

D A L S F

Vectorworksを利用するにあたって、スムーズに素早く、そして信頼性高く図面やモデルを作成するために、スクリーン描画テクノロジーであるVectorworks Graphic Moduleが重要となります。Vectorworks 2019は、先進的GPUの活用によるマルチスレッドテクノロジーで、シートレイヤにおいても最適化された機能を提供します。デザインレイヤと同じように、シートレイヤでもパンやズーム時に高いパフォーマンスを発揮します。


新しいクリップキューブオプションで目を引くプレゼンテーション

D A L S F

シートレイヤビューポートでクリップキューブを利用できるようになりました。制約のあるほかのソフトウエアとは異なり、クリップキューブにレンダリング設定やスタイルを割り当てることで、断面図やパース図を効率的に作成し、目を引くプレゼンテーション資料の作成を可能にします。


データタグで時間短縮

D A L S F

柔軟性が設計作業とマッチすることで、ワークフローはさまざまな面でスムーズになります。新しいデータタグツールは、一貫性を伴う強力なタグ付けを可能にし、3Dモデルやビューポートにあるオブジェクトやシンボルの情報を表示できます。データタグは、個別に、または自動的に複数のオブジェクトをタグ付けし、グラフィック表示を自由にカスタマイズできます。この機能によって時間を節約すると同時に、図面でのデータ表示の管理方法をシンプルにします。


カスタマイズ可能なハイブリッドオブジェクトの2Dコンポーネント

D A L S F

3D環境での作業が多くなっている今、3DモデルやBIMモデルから図面を効率的に取り出す方法が求められています。ハイブリッドオブジェクトの2D表示を自由に設定できる機能が搭載されたことで、シンボルやプラグインオブジェクトの詳細度を完全にコントロールできます。どのようなハイブリッドオブジェクトでも、右クリックして編集画面に入るだけで、平面図や立面図、断面図に必要な図面表現を作図できます。


イメージエフェクトでコンセプトプレゼンを素早く作成

D A L S F

Vectorworks上で主要な画像編集ができるようになりました。Photoshop®やIllustrator®のような編集アプリケーションに取り出す必要はありません。イメージエフェクト機能はビューポートと取り込んだ画像に適用することができ、設計と同じソフトウエア上でプレゼンボードを作成できます。

機能比較/データ互換表

Vectorworks 各製品別の搭載機能比較を確認できます。また取り出し、および取り込みの互換ファイル形式も製品別に確認できます。

詳しい情報

モバイルアプリ

リモートコントロールやクラウドと連動してデザインデータのモバイル活用など、Vectorworks 2019を拡張するスマートデバイスアプリの情報です。

詳しい情報

ソリューション

Vectorworksソリューションでは、プラグインソフトウエアや連携ソフトウエア、素材集など、Vectorworks 2019をより強化する製品の情報です。

詳しい情報