機能紹介

Vectorworks2018には、マルチビューウインドウをはじめ、さらに進化したWebビュー(VR機能)やリアリティのあるレンダリング結果をそのままパノラマビューで取り出す機能、より使いやすくなったリソースマネージャやビューポート機能など、豊富な新機能を搭載しています。

Vectorworks2018|各製品の搭載機能の紹介

以下では、新機能の一部のご紹介です。
説明内に記されたマークは搭載製品を示しています。白抜きされたマークは、同機能が搭載されていない製品です。
D=Designer、A=Architect、L=Landmark、S=Spotlight、F=Fundamentals

マルチビューで、デザインもマルチに。

D A L S F

ズームインとズームアウトの図面を同時に見ながら進めたい。3Dモデルを正面、側面、斜めの状態を同時に見ながら進めたいなどのニーズに対応するために「マルチビューウインドウ」を搭載。ビューはいくつでも分割が可能で、1つのビューで行った作業は他のビューにも同時に反映されるため、複数のビューをまたいでデザインワークを進められます。


3Dパノラマビューで、インタラクティブ体験を。

D A L S F

Vectorworks2018では、Webビューより、さらにリアリティのあるRenderworksレンダリングをパノラマビューで取り出しできるようになりました。Webビューとは異なり、空間内を移動することはできませんが、CineRenderを使った美しいレンダリング空間をインターネットブラウザ、またはスマートデバイスを通して360度見渡し、リアルなインタラクティブ体験が可能です。


提案力が向上したVRプレゼンテーション。

D A L S F

インターネットブラウザ、またはスマートデバイス。スマートデバイスをセットしたVRゴーグルで体験できるバーチャルリアリティ機能「Webビュー(3D)取り出し」では、カスタムロゴ対応やホワイトモデル出力、アンビエントオクルージョンに対応しました。さらに、従来の2週間保存される仮置きサーバに加え、Vectorworks Cloud Servicesサーバ、および同サーバと同期したDropboxにも保存が可能になりました。


ビューポートのリアルタイム編集。

D A L S F

3Dモデルから作成できる室内展開図ビューポートと断面図ビューポートでは、ビューポート上で3Dモデルを直接編集できるようになりました。建具の追加、窓の配列複製、異なるレイヤへのドアの再配置、壁の変形が可能。また断面図の編集状態でも、3Dビューの変更が可能なため、さまざまな角度で3Dモデルを確認しながら編集作業が進められます。


ツル植物やツタのリアルな表現機能。

D A L S F

バージョン2018には、ガーデニングや壁面緑化で用いられるツル植物やツタなど、葉の群集を表現する「群葉」ツールが搭載されました。配置形状から葉の回転、増加量などが設定でき、生垣からトピアリー、グランドカバーまでなどさまざまな群葉再現を可能にします。

機能比較/データ互換表

Vectorworks2018各製品別の搭載機能比較を確認できます。またインポート、およびエクスポートの互換ファイル形式も製品別に確認できます。

詳しい情報

モバイルアプリ

リモートコントロールやクラウドと連動してデザインデータのモバイル活用など、Vectorworks 2018を拡張するスマートデバイスアプリの情報です。

詳しい情報

ソリューション

Vectorworksソリューションでは、プラグインソフトウエアや連携ソフトウエア、素材集など、Vectorworks 2018をより強化する製品の情報です。

詳しい情報