機能比較表

Vectorworks 2017各製品の搭載機能を比較するための一覧表です。表内には、D、A、L、S、Fのアルファベットで搭載の有無を表現しています。
それぞれのアルファベットが示す製品は、次の通りです。D =Designer、A =Architect、L =Landmark、S =Spotlight、F =Fundamentals

ベーステクノロジー
Parasolid(作図/モデリング) D A L S F
Vectorworks Graphics Module(画面描画) D A L S F
CineRender R16(3Dレンダリング) D A L S F
2D/3D基本機能
線と面の2D汎用作図機能 D A L S F
図形への色/影表現(ドロップシャドウ)設定 D A L S F
充実した図形編集機能 D A L S F
2D/3D対応のテキスト/寸法作図機能 D A L S F
イメージのトリミンング/圧縮機能 D A L S F
データベース/表計算機能 D A L S F
フローティングデータバー D A L S F
図面やモデルの一時ズーム機能(スナップルーペ) D A L S F
図形やモデルの一時透過機能(X線セレクト) D A L S F
リソースの総合管理(リソースマネージャ) D A L S F
多彩なスナップ機能 D A L S F
シートレイヤ・ビューポート機能 D A L S F
図面構造の集中管理(オーガナイザ) D A L S F
2D/3D対応の作業平面 D A L S F
多彩な3Dビュー機能 D A L S F
2D→3Dへのプッシュプルモード D A L S F
ブーリアン演算機能 D A L S F
多彩な3Dモデリング機能 D A L S F
ウォークスルー機能 D A L S F
フライオーバー機能 D A L S F
3Dモデル断面表示(クリップキューブ) D A L S F
DXF/DWG/DWFの入出力サポート D A L S F
パブリッシュ機能(DXF/DWG/DWF) D A L S F
パブリッシュ機能(PDF/印刷/イメージ) D A L S  
豊富な3Dレンダリング機能 D A L S F
ビューポートレンダリング機能 D A L S F
バックグラウンドレンダリング機能 D A L S F
多機能で多彩な光源機能 D A L S F
背景放射光機能 D A L S F
背景テクスチャ/フィジカルスカイ機能 D A L S F
簡単でリアルな影表現機能 D A L S F
日時に対応する太陽光設定機能 D A L S  
写真/3Dの合成機能(Camera Match) D A L S F
多彩なテクスチャ機能 D A L S F
芝生等のテクスチャ凹凸表現機能 D A L S F
3Dハッチング機能 D A L S F
3D植栽オブジェクト(VBビジュアルプラント) D A L S F
Cinema 4Dとの連携機能 D A L S F
建築・内装設計機能
スペース作成機能(空間定義) D A
建築部材のワークシート集計機能 D A
ストーリ(階高)管理機能 D A      
構造材作成機能 D A    
柱/ピラスター作成機能 D A    
壁作成機能 D A L S F
壁スタイル登録(壁の構成要素) D A L S
カーテンウォール作成機能 D A L S  
スラブ作成機能 D A L S
スラブの排水勾配作成機能 D A L S
屋根作成機能 D A L S F
屋根スタイル登録(屋根の構成要素) D A L S
ドア・窓作成機能 D A L S
手摺・フェンス作成機能 D A L
カスタムキャビネット作成機能 D A L S F
2D平面の回転機能 D A L S
統合ビュー機能 D A L S F
デザインレイヤの切断高設定機能 D A      
外壁一括採寸機能 D A L S  
レベル[横断面]表現機能 D A L  
投影図ビューポート機能 D A L S
室内展開図ビューポート機能 D A    
断面ビューポート機能 D A L S
クリップキューブ断面図作成機能 D A L S
詳細ビューポート機能 D A L S  
ビューポートのデータ可視化機能 D A L S
Webビュー(VR)機能 D A L S
Vectorworks Cloud Services D A L S F
クラウド対応プロジェクト共有機能 D A L S
Revitファイルの入力サポート D A L S
IFCファイルの入出力サポート D A L S
BCFファイルのチェック機能 D A L S
2D-PDFの入出力サポート D A L S
3D-PDFの出力サポート D A L S  
点群データの入力サポート D A L S  
土木造園・都市計画機能
GIS機能 D A L
地形モデル作成機能 D A L
地形モデル上の造成機能 D A L
ランドスケープエリア作成機能 D L
灌水設備計画機能 D   L
道路・ガードレール作成機能 D A L
舗床作成機能 D L
豊富な舗床/敷石ハッチングライブラリ D L
多機能の植栽ツール機能 D L
植栽イメージ・植栽添景ライブラリ D L
ステージ&ライティング計画機能
イベント空間計画機能 D S
柔軟な座席レイアウト機能 D S
パーテーションポール作成機能 D S
多彩なステージ作成機能 D S
ステップ/スロープ作成機能 D S
レイアウトをサポートする寸法テープ機能 D S
柔軟な吊り元作成機能 D S
トラス/ホイスト作図機能 D S
照明器具データ・配置機能 D S
豊富なブランド照明器具データライブラリ D S
スピーカー配置計画機能 D S
豊富なブランドスピーカーデータライブラリ D S
ケーブルシステム作図機能 D S
ファイル互換(インポート)

DXF / DWG(R2.5〜2017) / DWF(4.2, 5.5, 6.0) / EPSF(v1.6) /
イメージファイル(BMP, GIF, JPG, JPEG, JP2, PNG, TIFF, ICO, [Windowsのみ:WDP, DDS, EMF], [Macのみ:SGI, TGA, EXR, PSD, ICNS, MAC, PCT]) / ワークシート(TXT, CSV, DIF, SLK) / スクリプト(TXT, PY, PYC, VSS, VS, XXT, MPC) / IGES(IGS, IGES) / OBJ / ACIS(SAT) / STEP(STP, STEP) / STL /Rhino(3DM) / Parasolid(X_Tv9〜29) / HDRI(HDR, EXR) / Distributionファイル(IES) / Cinema 4Dテクスチャ(C4D) / MCD(v7〜12) / VWX(v2008〜2016)

D A L S F

Revit(RVT, RFA) / IFC, IFCXML, IFCZIP(2X2, 2X3, 4) / PDF(v1.4) / 3DS / SketchUp(SKP) / 点群(LAZ, LAS, PTS, E57, XYZ)

D A L S

Shape(SHP) / 座標データ(TXT, CSV)

D A L

隣接マトリックス(CSV) / BCF(BCFZIP)

D A  

ジオリファレンスイメージ(BPW, JGW, PGW, TFW, GFW, WLD, ECW)

D   L

照明器具情報(Lightwright5)

D   S
ファイル互換(エクスポート)

DXF / DWG(R12〜2017) / DWF(4.2, 5.5, 6.0) / EPSF(v1.6) /
イメージファイル(BMP, GIF, JPG, JPEG, PNG, TIFF, [Windowsのみ:WDP, DDS, EMF], [Macのみ:JP2, TGA, EXR, PSD]) / スクリプト(TXT, PY, VSS, VS) / ワークシート・データベース(TXT, CSV, DIF, SLK) / IGES(IGSv5.3) / OBJ / ACIS(SAT) / STEP(STP) / STL / Rhino(3DM) / Parasolid(X_Tv9〜29) / Cinema 4D(C4D) / Strata Vision / COLLADA(DAE) / FBX / アニメーション(MOV) / HDRI(HDR) / VWX(v2012〜2016)

D A L S F

IFC, IFCXML, IFCZIP(2X2, 2X3, 4) / PDF(v1.7) / 3D-PDF(v1.7) / 地理空間情報(KML) /
3DS / Webビュー(HTML) / DOE-2(INP)

D A L S

ジオリファレンスイメージ(BPW, JGW, PGW, TFW, GFW, WLD)

D L

BCF(BCFZIP) / gbXML(XML)

D S
Shape(SHP) D A
照明器具情報(Lightwright5) / Vision(ESC) D A

互換での強化ポイント

DWG/DXF/DWF取り込み

DWG/DXFファイル内のテクスチャ、およびテクスチャマッピングを取り込めるようになりました。 / 寸法、テキスト、ハッチングを含む図形の平面上の位置、回転、高さを保持するよう、強化されました。 / 取り込み時に作成するシンボル定義をDXF/DWGフォルダに集約して、リソースマネージャから簡単にアクセスできるようになりました。

イメージ取り出し

PNGやTIFF、Photoshop形式など、アルファチャンネルに対応したイメージ形式で取り出す場合に、アルファチャンネルを使った背景なしのイメージファイルを取り出せるようになりました。

C4Dテクスチャ取り込み

Cinema 4Dで作成、編集されたテクスチャファイルをテクスチャ属性として取り込み、Vectorworks上の3Dモデルにマッピングが可能になりました。

OBJ(3D)取り出し

3DモデルをOBJ形式で取り出せるようになり、OBJファイルに対応する3Dソフトや3Dプリンターでの出力が可能になりました。

Revit形式取り込み

【デザインシリーズのみ 】新たに、Revitファイル(rvt、またはrfa)を直接取り込めるようになりました。取り込み後、作成されるエンティティの形状は編集できます。

IFC取り込み/取り出し

【デザインシリーズのみ 】BIMデザインの標準互換形式となっているIFC形式(ifc、ifcxml、ifczip)が、最新のバージョン4まで対応しました。

PDF(2D)取り出し

【デザインシリーズのみ 】2DのPDF取り出し時に、ラスタライズ(画像化)されるため、ほぼすべてのPDFリーダーで表示が可能になります。

点群取り込み

【デザインシリーズのみ 】取り込まれる点群の数を取り込みダイアログボックス内のスライダーで調整できるようになりました。