搭載機能の紹介 Remote サービスセレクト ソリューション製品 ユーザ事例

Vectorworks® Designerシリーズ

Vectorworks® Designer 2015シリーズは、2D/3Dの高性能な汎用作図機能に専門分野別( 建築、土木造園、舞台照明、機械 )の設計支援機能、拡張機能、さらには膨大なデータライブラリを搭載したVectorworksシリーズ最上位のCADパッケージです。 2D/3Dのデザインワークは統合された操作性により、3D環境でも2D作図が可能になり、" Parasolid®モデリングエンジン "をベースとした作業環境は強固かつ、柔軟な作図を提供します。
さらに「Designer with Renderworks」には、" CINEMA4Dレンダリングエンジン "を採用、高画質かつ、高速に3Dモデルをビジュアライズ化し、3DCGパースなどの高度なデザインを楽しめるビジュアライズデスクトップ環境を実現します。


     
 

全機能搭載の最上位製品

Vectorworks Designerには、Fundamentals、Architect、Landmark、Spotlightの全ての機能が搭載されています。さらに、Vectorworks® Designer with Renderworksでは、テクスチャマッピングや高品位レンダリングが可能になります。

 
   

 

全ての機能でデザインワークをサポート。

 
  さまざまな形式を一括でパブリッシュ

「パブリッシュ」コマンドによって、高い互換性に加えて、作図した図面やパースを一括に出力できます。シートレイヤや登録画面をDWG、DXF、DWF、PDF、各イメージファイルで一括出力、各ファイルタイプごとにフォルダを作成し保存することも可能です。さらに、これらのファイル出力と同時に印刷を行うことまで同時に行えます。

 
 
寸法作成も自動で採寸作図

「外壁を採寸」コマンドによって、画面上の「壁」オブジェクトを認識して、寸法図形を一括作成できます。
外壁のT字接合部分を採寸するか、開口部のどの部分を採寸するかなどのオプションが指定でき、寸法図形文字の回転や作図位置の調整などを加味させて作成できます。作成された寸法図形は、壁オブジェクトにリンクしているため、壁の移動や変形に応じて変更されます。


 

より詳しく機能を見る ▶