Vectorworks Cloud Services

Vectorworks Cloud Servicesは、クラウドを介して、さまざまなデバイスと作成した図面ファイルを共有できるサービスです。

Cloud Servicesは、Vectorworks Service Select契約者が利用でき、メインPC上のCloud Servicesデスクトップアプリを経由して、クラウドにファイルを保存、クラウド上でPDF化されたファイルに、外出先のインターネットブラウザを通して閲覧することができます。さらに、クラウドを使って3Dモデルが含まれたファイルをレンダリングしPDF化することもできます。ファイル共有はiPad/iPhone/Androidとも可能、アプリを介して、朱書きやマーキングを行うことも可能です。

クラウドサービスの利用イメージ

Cloud Servicesは、メインパソコンからクラウドポータルと同期させて、ファイルをアップします。アップされたファイル内のシートレイヤは、自動的にPDF出力、他のデバイスからも閲覧や朱書きすることができます。

これらを活用することで、例えば、「事務所で作成したファイル(図面や3Dモデル)を保存し、そのまま現場や打合せに外出、外出先でPDF化(レンダリング)されたデータにアクセスしプレゼンなどに利用する」なども可能になります。

  • それぞれのパソコン/デバイスからアクセスするにはログインID/パスワードが必要です。
  • ログインID/パスワードは、Service Select契約後に発行されるService Selectポータルと同じものです。

Vectorworks Cloud Servicesポータル

「Vectorworks Cloud Servicesポータル」は、Vectorworksファイルを保存するクラウド上の領域です。利用者は20GBの容量が利用でき、パソコンからアップロードされたファイルのシートレイヤをPDFにして自動生成します。さらに、レンダリング設定されたシートレイヤ3Dモデルを自動でレンダリング、PDF生成します。クラウド上のファイルへは、ブラウザ/各アプリからアクセスでき、emailによる配布(送信)を行うことも可能です。

  • Service Select未契約の場合は2GBまでとなります。

パソコンでもタブレットでも図面やパースの閲覧が可能

Cloud Servicesは、メインパソコンからクラウドポータルと同期させて、ファイルをアップします。アップされたファイル内のシートレイヤは、PDF出力して他のデバイスからも閲覧や朱書きが可能です。

打ち合わせ現場には紙ではなくタブレットで

例えば、事務所で作成したファイル(図面や3Dモデル)を保存し、そのまま現場や打合せに外出、外出先でタブレットからPDF化されたデータにアクセスしプレゼンなどに利用するなども可能になります。

VectorworksファイルをPDF化して閲覧や朱書き

専用アプリのNomadを利用することで、タブレットから、PDFの閲覧・朱書き・計測などが可能。また、朱書きしたファイルは別名保存ができ、ファイルをメールで送信もできます。

Vectorworksファイルを処理して3Dシーンを作成

Cloud Servicesは、Vectorworks ファイルを処理して3Dシーンを作成し、専用アプリのVectorworks Nomadで表示できます。3Dビューで表示することで3Dモデルをフライオーバーやウォークスルーが可能。背景色を変えたり、 レイヤの表示・非表示などもできます。

Service Select契約ユーザと一般ユーザの違い

Cloud ServicesはすべてのVectorworksユーザが利用が可能ですが、Service Select契約ユーザと一般ユーザでは利用できる機能が異なります。

機能 アプリケーション Service Select 契約ユーザ 一般ユーザ
Cloudメニュー統合 Vectorworks
PDFファイル化(パブリッシュ含む) 全て
3Dシーンの自動処理 デスクトップアプリ
ストレージ容量 デスクトップアプリ 20GB 2GB
プリファレンス設定 デスクトップアプリ
3Dビュー Nomad
PDF閲覧、注釈、寸法記入 Nomad
他のユーザとのファイル共有 ポータル/Nomad

Vectorworks Cloud Servicesにアカウント登録することで、一部機能がお試しいただけます。

Vectorworks Cloud Services

クラウドポータルでの操作

クラウドポータルにアクセスし、ユーザ名、パスワードを入力してログインします。

Vectorworks Cloud Services

Vectorworksプログラム内のメニューからもアクセス可能です。

クラウドポータルにアップロードされたVectorworksファイルを、クラウド上のライブラリで管理できます。タブレットでの閲覧やファイルのメール送信も可能です。

クラウドポータルでできる主なこと

Vectorworks Cloud Servicesデスクトップアプリ

「Vectorworks Cloud Servicesデスクトップアプリ」は、Vectorworksを使用するパソコンにイスントールし、パソコンとクラウドポータルをシームレスに繋ぐ、アプリケーションです。インストールを行うと「Vectorworks Cloud Services」フォルダが自動的に生成され、Vectorworksファイルを同フォルダに保存するだけで、クラウドと同期(自動/手動)します。クラウドで生成されたPDFもCloud Servicesフォルダに自動的に生成されます。

アプリ設定では、パソコンの起動と同時のログイン、同期タイミング(日時)設定、フォルダパス設定、ポータルへのアクセスができ、好きなタイミングで同期することが可能です。

Vectorworks Nomad (スマートフォンアプリ)

「Nomad」は、iPad/iPhoneとAndroidデバイスで利用できるVectorworks Cloud Servicesファイルへのアクセスアプリです。iOS 、Androidに対応し、各ストアから無料でダウンロードできます。

クラウド上のファイルを閲覧ができるほか、「距離計測」、「テキストタイピング」、「円/四角形/線分/フリーハンド」による朱書きができ、Nomadからのメール送信やAirPrint(iOS)等にも対応しています。

【教育機関の方へ】
Vectorworks Cloud Servicesは、ご契約時にService Selectポータルの利用ユーザに指定された従業員と教員のみ利用できます。学生は利用いただくことはできません。あらかじめご注意ください。

Service Selectのお申込み

Vectorworks Service Select契約のお申込みに必要な「契約申込書」のお取り寄せは、こちらからお申込みいただけます。

 お申込み 

契約更新のご案内

Service Selectの更新手続きはお済みですか?継続して契約する事でVectorworksを経済的にも優しく、効率的に運用いただけます。

 契約更新 

お問合せ

お申込みやご契約内容のご確認など、Service Selectに関する各種お問合せは専用のフォームから受け付けております。

 お問合せ