テクニカルサポートデスク

[製品仕様・技術情報]

プロキシサーバ環境にて、Vectorworksソフトウェア(v2011以降)の
アクティベーション(ライセンス認証)が行えない場合の対処方法(2010.11.01)

Vectorworksスタンドアロン版、および学生単年度版では、初回起動時、および使用中定期的に、インターネットを通じてアクティベーション(ライセンス認証)を行います。
アクティベーションが行えない場合、Vectorworksソフトウェアを起動することができません。

ファイアウォールやプロキシサーバ環境下でVectorworksソフトウェアを利用する場合、アクティベーションを行うために、ファイアウォールの設定変更や、プロキシサーバ用の設定ファイルの導入など、特別な対処が必要となることがあります。

本項では、このような場合における対処方法について説明しています。
事前に、ご利用環境のファイアウォールやプロキシサーバの内容をご確認頂く必要があります。
プロキシサーバを介して外部ネットワークへ接続しているかどうか不明な場合や、設定内容などが不明な場合は、お手数ですがご利用環境のネットワーク管理者へご相談の上、作業を行ってください。

■ファイアウォール環境の設定
以下のポート番号を、全てのフィルタ/ルータ/ファイアウォール上で解放してください。

 Port 80 (UDP and TCP)


■プロキシサーバ用の設定
以下の手順を参考に、プロキシサーバ環境用の設定ファイル[VWProxy.txt]を作成、設定し、Vectorworksソフトウェアを利用するマシンの所定の場所へ保存してください。

【ご注意】
▼サポートされているプロキシサーバの種類はHTTPのみとなります。
 SocksサーバはVectorworksソフトウェアとの互換性はありません。
▼OS側のインターネットオプションやネットワーク設定にて、[自動構成スクリプト]もしくは[自動プロキシ構成]といった、プロキシ自動検出機能が設定されている環境では、下記設定を行ってもアクティベーションが行えない場合があります。
 このような場合は、プロキシ自動検出機能を無効にすることで改善される可能性があります。

  1) [VWProxy.txt](テキストファイル)を用意します。
下記リンクよりサンプルファイルをダウンロードし、以降の作業を行ってください。

   → VWProxy.zip (4KB)

ダウンロードファイルはZIP形式で圧縮されています。解凍してご利用ください。
解凍しますと、VWProxy.txtファイルが生成されます。
  2) [VWProxy.txt]を開き、ご利用のプロキシサーバに応じて内容を設定します。
VWProxy.txtファイル内の以下の箇所を、ご利用環境に合わせて変更してください。
設定を行うための情報が不明な場合は、ご利用環境のネットワーク管理者へお問い合わせください。

・address XXX.XXX.XXX.XXX  (2行目)
XXX…の箇所に、ご利用環境のプロキシサーバのアドレスをご記入ください。
(IPアドレス、もしくはドメインアドレスをご記入ください。)

・port XXXX  (3行目)
XXXXの箇所に、ご利用環境のプロキシサーバのポート番号をご記入ください。
(外部接続用に設けられているポート番号をご記入ください。)

・#username XXXX
・#password XXXX
  (末尾2行)
プロキシサーバを利用する際にユーザ名とパスワードが必要な場合は、上記2項目の冒頭#を外し、XXXXの箇所に必要なユーザ名とパスワードをご記入ください。
ユーザ名とパスワードの入力が必要ない場合は、[#]は外さないでください。

以上の設定が完了しましたら、ファイルを上書き保存してください。

※MacOSX環境でテキストファイルの編集を行う場合は、保存時の形式にご注意ください。
 本ファイルは、[標準テキスト(プレーンテキスト)形式]に対応しています。
 リッチテキスト形式には対応していません。ご注意ください。
  3) [VWProxy.txt]を、所定の場所へ保存します。
VWProxy.txtファイルを、Vectorworksソフトウェアを利用するマシンの以下の場所へ配置してください。

WindowsXPの場合: (※隠しフォルダを表示する設定にしておく必要があります)
[Cドライブ(ローカルディスクC)]▶[Documents and Settings]
  ▶[(ユーザ名フォルダ)]▶[Application Data]▶[Nemetschek]
   ▶『Vectorworks』フォルダ内


WindowsVista/7/8の場合: (※隠しフォルダを表示する設定にしておく必要があります)
[Cドライブ(ローカルディスクC)]▶[Users]▶[(ユーザ名フォルダ)]
  ▶[AppData]▶[Roaming]▶[Nemetschek]▶『Vectorworks』フォルダ内

MacOSXの場合: (※OSX10.7以降の環境でのライブラリの開き方についてはこちら)
[Macintosh HD]▶[ユーザ]▶[(ユーザ名フォルダ)]▶[ライブラリ]
  ▶[Application Support]▶『Vectorworks』フォルダ内

※VWProxy.txtファイルは『VectorWorks』フォルダ直下に配置してください
 各バージョン用のフォルダ内ではありません。
※Vectorworksシリーズを一度も起動したことがないマシン環境では、上記フォルダは存在しません
 このような場合は必要なフォルダを手動で作成してください。
 (Windows環境では[Nemetschek]▶[Vectorworks]フォルダを作成し、上記と同様のフォルダ構成にしてください。)
  4) Vectorworksソフトウェアを起動し、アクティベーションが行えるかどうか確認してください。
上記の場所にVWProxy.txtファイルが保存できましたら、Vectorworksを起動させてアクティベーションをお試しください。

■その他
Vectorworksソフトウェアを利用するマシンに、OSやセキュリティソフト等によるパーソナルファイアーウォールが設定されている場合、Vectorworksソフトウェアのアクティベーションが阻害される場合があります。 このような場合は、パーソナルファイアーウォール側にて、例外ルールにVectorworksソフトウェアを登録するなど、インターネットを通じてアクティベーションが行えるよう設定を行ってください。 パーソナルファイアーウォールの設定手順等につきましては、OSメーカーやセキュリティソフトメーカーへお問い合わせください。