テクニカルサポートデスク

Vectorworks2018 推奨動作環境

最終更新日:2017.11.30

※ 全ての情報を掲載しているものではありません。
※ Vectorworks2018は2018年1月12日発売予定です。

Vectorworks2018を快適にご利用いただくための推奨動作環境をご案内いたします。
お使いのパソコンが以下の条件を満たしているかご確認ください。条件を満たしていない場合、Vectorworks2018が正常に起動しない可能性がございます。Vectorworks2018を快適にご使用いただくために条件を満たしたパソコンでご使用になることを強くお薦めいたします。


スタンドアロン版 ※ 使用OSはインストール時に選択できます。
  Windows Mac
OS

Windows 10 (64bit)
Windows 8/8.1 (64bit)
Windows 7 SP1 (64bit)

macOS 10.12 (Sierra)
Mac OS X 10.11 (El Capitan)
Mac OS X 10.10 (Yosemite)
  • ※ macOS High Sierraについてはこちら
CPU Intel Core i5 (または同等のAMD製CPU)
クロック周波数 2GHz以上
メモリ

推奨8~16GB以上(最小4GB)

大きなファイルや複雑なレンダリングには16~32GB を推奨

※ CPU内蔵グラフィックスの場合、VRAMをメインメモリから取得します。
VRAMの使用分を考慮してメモリを搭載してください。

画面解像度

推奨1920 x 1080以上(最小1440 x 900)
4Kディスプレイ対応

※ 高解像度ディスプレイ利用時の注意点について

推奨1920 x 1080以上(最小1440 x 900 )
Retinaディスプレイ対応

※ 高解像度ディスプレイ利用時の注意点について

グラフィックス
  • 以下の条件を満たすグラフィックスコントローラが必要
     -VRAM(ビデオメモリ)推奨2~4GB(最小1GB)
     -OpenGL2.1対応グラフィックスコントローラ
  • グラフィックスボード、または単体グラフィックスを推奨
  • マルチビューのすべてのウィンドウを異なる表示設定で使用するには、少なくとも2GBのVRAMを搭載したグラフィックスボードが必要です。大きなファイルの場合は3GB以上のVRAMを推奨します。
  • ※ CPU内蔵グラフィックスの場合、Iris、Iris Proを推奨。Intel HD Graphicsでは正常に動作しない場合があります。詳しい情報は「Iris、Iris Proでのご使用について」をご確認ください。
  • ※ 詳細は各パソコンメーカー、販売店等へお問い合わせください。
  • ※ ドライバは最新にアップデートしてご使用ください。
  • ※ NVIDIA NVSシリーズは、動作対象外です。
インストール
可能台数
  • 製品版は1ライセンスで1ユーザが使用する2台のパソコンにインストールできます。ただし同時起動はできません。
  • 学生単年度版は1ライセンスで1台のパソコンのみインストールできます。
その他
  • ハードディスク空容量: 30GB(オプションライブラリ22GBを含む)
  • フラッシュストレージ(SSD)にVectorworksをインストールすることで動作速度が向上します。
  • インストール、アクティベーションのためのインターネット接続環境(必須)
  • PDF閲覧のためのPDF閲覧ソフト
  • ヘルプ閲覧のためのブラウザ
  • ※ クロスプラットフォームライセンスです。Windows、Macのどちらかでご使用いただけます。
  • ※ ご使用にあたり製品のユーザ登録が必須です。
  • ※ 日本語OS環境でご利用ください。
  • より高速なCPUの使用とメモリの追加によってVectorworks2018の操作性が向上します。
  • Vectorworks2018を導入する前にご使用のパソコン上で正常に動作するか、評価版を使用して確認することをお薦めします。
  • ご利用のパソコンの各スペックの確認方法につきましては、こちらを合わせてご参照ください。
ネットワーク版 Vectorworks2018 クライアン
動作環境

Vectorworks2018 スタンドアロン版の動作環境に準じます。

スタンドアロン版との差異

アクティベーションは行いません。

ネットワーク版
Vectorworks Site Protection Server(ライセンス管理ソフトウエア)
  Windows Mac
OS

Windows 10 (32bit/64bit)
Windows 8/8.1 (32bit/64bit)
Windows 7 (32bit/64bit)
Windows Server 2012 R2 (64bit)
Windows Server 2012 (64bit)
Windows Server 2008 R2 (64bit)
Windows Server 2008 (32bit/64bit)

macOS 10.12 (Sierra)
Mac OS X 10.11 (El Capitan)
Mac OS X 10.10 (Yosemite)
Mac OS X 10.9 (Mavericks)
Mac OS X 10.8 (Mountain Lion)
Mac OS X 10.7.5以上 (Lion)
Mac OS X 10.11 Server (El Capitan Server)
Mac OS X 10.10 Server (Yosemite Server)
Mac OS X 10.9 Server (Mavericks Server)
Mac OS X 10.8 Server (Mountain Lion Server)
Mac OS X 10.7 Server (Lion Server)
  • ※ macOS High Sierraについてはこちら
CPU Intel Core 2 Duo以上
メモリ 256MB以上
その他
  • ハードディスク空容量: 40MB以上
  • 100Mbps以上の速度のネットワーク回線
  • TCP/IPプロトコル(必須)
  • サーバ/クライアント型のネットワーク環境、またはそれに準じたネットワークが整備された環境
  • サーバ専用パソコンが必要
  • CDまたはDVDドライブ(必須)
  • ドングル用USBポート(必須)
  • サーバアプリケーション管理のためのブラウザ(必須)
  • 対応クライアントアプリケーション
     -Vectorworks 2018 サイトプロテクションネットワーク版
     -Vectorworks 2015~2017 サイトプロテクションネットワーク版
     -Vectorworks 2014 ネットワーク版 シリーズG
  • ※ サーバ管理画面は英語表記になります。
  • ※ サーバとクライアントは同一ネットワーク上で使用してください。

快適にお使いいただくために

以下は、Vectorworksの開発元であるVectorworks, Inc.の技術情報を元に、Vectorworks2018を快適にお使いいただくために必要な情報をまとめています。

 

▼グラフィックスコントローラについて

いくつかのVectorworks2018の機能は、高いグラフィックスハードウエアの性能を必要とします。さらに新しいVectorworksグラフィックスモジュール (Vectorworks Graphics Module)でもたらされるグラフィックス性能・品質は、グラフィックスコントローラの速度、VRAMの量、そして拡張機能に直接依存します。
これらの新機能は、対応したハードウエアで使用すると非常に高速かつ滑らかな操作感をもたらしますが、古い、または適合しないハードウエアで用いると、顕著に動作が遅くなります。
グラフィックスコントローラは以下の3種類があります。

  • グラフィックスボード:
     ボードタイプでパソコンの拡張スロットに増設されています。
  • 単体グラフィックス:
     チップタイプでマザーボード上に取り付けられています。
  • CPU内蔵グラフィックス:
     CPUと一体タイプでCPUに内蔵されています。
基本的にVectorworks2018は、グラフィックスボード、および単体グラフィックスを推奨します。
やむをえずCPU内蔵グラフィックスを使用する場合は、Iris、Iris Proをご使用ください。

 

▼Iris、Iris Proでのご使用について

Intel製CPU内蔵グラフィックスのIris、Iris Pro環境でVectorworks2018をご使用になる場合は、Vectorworks2018のグラフィックス設定を以下のように設定してください。2D描画時の安定性が向上します。

  • ツールメニュー > オプション > 環境設定 > 画面タブ > 画面移動時の描画精度 で、「バランス重視」を選択

 

▼OpenGLについて

「OpenGL」は、CG表現技術に関するグラフィックスコントローラ向けのオープン標準規格の一つです。
OpenGL2.1に対応しているグラフィックスコントローラをご使用ください。この要件を満たさない場合は、OpenGLモードでレンダリングを実行すると機能が制限され、十分な効果を得ることはできません。
OpenGLの影と輪郭のレンダリングはVRAMを大幅に使うため、最低でも1GB、できれば2GB以上のVRAMを必要とします。特に以下の機能を組み合わせて、OpenGLの影や輪郭をフルに活用したいと考え、かつ、お使いのグラフィックスコントローラが、1GB未満のVRAMしか搭載していない場合は、グラフィックスコントローラをアップグレードすることをお奨めします。

  • 数多くの光源
  • 点光源
  • イメージ/反射/透過 テクスチャ
  • アンチエイリアス
  • 高品質の影
  • 大量の図形
  • 複雑な図形

 

▼マルチビューについて

マルチビューのすべてのウィンドウを異なる表示設定で使用する場合、多くのVRAMが使用されるため、少なくとも2GBのVRAMを必要とします。また、大きなVectorworksドキュメントの場合は3GB以上のVRAMを推奨します。

 

▼VRAM(ビデオメモリ)について

Vectorworks2018を十分に動作させるのに必要なVRAMの量は、使用するディスプレイのサイズとファイルの複雑さに依存します。
標準解像度が1920 x 1080以下の中程度のサイズのディスプレイでは、少なくとも1GBのVRAMを搭載したグラフィックスコントローラを使用してください。30インチ以上などの大きいディスプレイでは少なくとも2GB以上、できれば4GB以上のVRAMを搭載した新しいグラフィックスコントローラを使う必要があります。

 

▼Windowsのグラフィックス環境について

NVIDIA、またはAMD製のチップを搭載したグラフィックスボードの使用を推奨します。
評価検証済みのグラフィックスボードについては、こちらのサイトの情報をご参照ください。
問題の発生を防止するため、推奨しないグラフィックスコントローラについては「対象外グラフィックスコントローラについて」の情報をご参照ください。
ノートパソコン/ビジネス用デスクトップパソコンでは、単体グラフィックスを搭載した機種を推奨します。CPU内蔵グラフィックスに比べ、より高い操作感を得ることができます。
CPU内蔵グラフィックスを使用した場合、複雑で大量の図形を使用すると表示速度が低下する場合があります。やむをえずCPU内蔵グラフィックスを使用する場合は、Iris、Iris Proをご使用ください。
その他(Intel HD系)は、問題が発生する可能性が高いためご使用は避けてください。
なお、グラフィックスコントローラの性能に依存するレンダリングモードの種類については「各種レンダリングのハードウエア依存について」の情報をご参照ください。

 

▼Macのグラフィックス環境について

  • Mac Pro

 NVIDIA、またはAMD製のチップセットを搭載したグラフィックスボードを推奨

  • MacBook関連 / iMac / Mac Mini

 単体グラフィックスを搭載した機種を推奨
やむをえずCPU内蔵グラフィックスを使用する場合は、Iris、Iris Proをご使用ください。
その他(Intel HD系)は、問題が発生する可能性が高いためご使用は避けてください。

 

▼グラフィックスドライバについて

古いバージョンのグラフィックスドライバを使用すると、問題が発生する場合があります。Vectorworks2018を使用する前に、まずグラフィックスドライバを最新のバージョンへアップデートしてください。

 

▼動作確認済みのグラフィックスコントローラについて

こちらのサイトで、動作確認済みのグラフィックスコントローラをご案内しています。

 

▼対象外グラフィックスコントローラについて

以下のグラフィックスコントローラを使用した際、問題が発生することが確認されていますのでご使用は避けてください。

  • NVIDIA NVSシリーズ
  • ATI Radeon HD 4550
  • Intel GMA

 

▼リモート環境および仮想マシンについて

Vectorworks2018は、Remote Desktop、Terminal Services、VNCなどのリモートログイン環境や、 Parallels、またはVMwareなどの仮想マシン環境が、通常の作業に適しているとは考えていません。これらの環境では管理者の検証用やユーティリティ目的ならば使用できる場合がありますが、インタラクティブな画面上の動作速度が低下します。
Vectorworks2018は、Mac上のBoot Campでの動作をサポートしています。使用するハードウエアで適切、かつ最新のドライバを使用してください。

 

▼OSのアップデートについて

リリース時にご案内しているOS(オペレーティングシステム)のバージョンを最低動作環境として推奨します。OSに起因する問題が発見された場合には、問題解決の最初の手順として、 OSのアップデートをお願いする場合があります。

 

▼32bit OSについて

Vectorworks2018は64bitアプリケーションです。32bit OSには対応しておりません。

 

▼動作の最適化について

  • 大容量のファイルと複雑なレンダリングモードを用いて作業する場合、 最低でも16GBのメモリを搭載して使用することを強く推奨します。メモリの容量が不足すると、Vectorworks2018は仮想メモリを使用することで動作し続けますが、ハードディスクにアクセスするため動作速度は著しく低下します。また、十分なメモリ容量があれば完了する操作の場合にもエラーが発生する場合があります。
  • 高速なハードディスクドライブを使用することで、仮想メモリ使用時にシステムの動作速度を若干向上させることができます。
  • CPUのクロック速度が高速であるほどVectorworks2018の操作感が向上します。
  • インストールに必要なハードディスクドライブの容量は、プログラムのみで6GB必要です。オプションライブラリのインストールには、さらに22GB必要となります。オプションライブラリの一部をインストールしないことで、容量を削減することができます。

 

▼プロジェクト共有機能とネットワーク回線の速度について

ネットワークを通じてプロジェクト共有作業を行う場合、Vectorworks2018のパフォーマンスはネットワーク回線の速度に左右されます。ネットワーク回線速度が十分でない場合は、プロジェクトファイルに変更を反映させる操作やローカルのワーキングファイルの更新操作など、ネットワーク越しに大量のデータ送信するような操作を実行すると、速度が低下します。
最低でも100Mbpsの速度のネットワーク回線の使用を推奨します。大きなプロジェクトの場合は、高速で、滑らかな動作を得るために、1Gbpsの速度のネットワーク回線を強く推奨します。遅いネットワーク環境でも、大量のデータを送信する操作を最小限に抑えることで十分ご使用いただくことができます。
※ プロジェクト共有機能は、Vectorworks Fundamentalsでは利用できません。

 

クラウドストレージを使用するプロジェクト共有には、高速インターネット接続(50Mbps以上)が必要です。この共有方法は、小規模なチームや小規模なプロジェクトで効果的です。大規模なチームや大規模なプロジェクトにはお勧めできません。プロジェクトの共有には一般的に高速ネットワーク接続が必要ですが、ネットワークを介して大量のデータを転送する操作(プロジェクトファイルへの変更の反映やローカルの作業ファイルの更新など)を最小限に抑えることで、十分な操作感が提供されます。
下表に、異なる帯域幅およびプロジェクトファイルサイズに対する反映、および更新動作中のデータ転送時間の例を示しています。


プロジェクトファイルサイズ
ネットワーク回線速度
(ダウンロード/アップロード)
反映/更新
データ転送速度
100MB
50Mbps
~20s
100Mbps
~10s
1Gbps
~1s
500MB
50Mbps
~100s
100Mbps
~50s
1Gbps
~5s
1GB
50Mbps
~200s
100Mbps
~100s
1Gbps
~10s

 

▼各種レンダリングのハードウェア依存について

Renderworksレンダリングでは、Maxon社製のCineRenderエンジンを使用しています。CineRenderは完全に64bit化されているため128GB以上のメモリや、Renderworksレンダリングモードでマルチコア(複数CPUコア)を活用することができます。
OpenGL、ワイヤーフレーム、陰線レンダリングはCineRenderエンジンを用いていないため、マルチコアを使用することができません。
下表に、レンダリングモードの種類と、レンダリング操作を行う際にプロセッサ(CPU)を使用するか、グラフィックスコントローラ(GPU)を使用するかを示しています。


レンダリングモード
グラフィックスコントローラ(GPU)
プロセッサ(CPU)
ワイヤーフレーム
使用
使用 - シングルコアで動作
OpenGL
使用
不使用
VW-陰線レンダリング
不使用
使用 - マルチコアで動作
VW-仕上げシェイドレンダリング/シェイドレンダリング
不使用
使用 - シングルコアで動作
RW-簡易レンダリング/仕上げレンダリング/カスタムレンダリング
不使用
使用 - マルチコアで動作

上表から分かるように、グラフィックスコントローラのリソースを使用するレンダリングモードはOpenGLとワイヤーフレームのみです。 他のレンダリングモードはグラフィックスコントローラに依存しないため、グラフィックスコントローラをアップグレードしても、OpenGLとワイヤーフレーム以外ではレンダリング速度や品質は向上しません。
(注意: レンダリングモードではありませんが、グラフィックスコントローラは2D/平面ビューおよび通常の2Dナビゲーショングラフィックスに直接影響します)
逆に、各種Renderworksレンダリングモードは主にCPUを使用し、マルチコアを使用することができます。このため、これらのモードでレンダリング速度を向上させるには、より上位のCPUにすると効果的です。 
ワイヤーフレームモードは、グラフィックスコントローラのアップグレードと、よりパワフルなCPUの両方で効果がありますが、グラフィックスコントローラに依存する度合いが高くなります。

 

▼高解像度ディスプレイについて

MacにはRetinaディスプレイや5Kディスプレイを、Windowsには4Kディスプレイを搭載している機種があります。これらの機種でRenderworksレンダリングを行うと、画面の解像度に合った高精細なレンダリングを行うことができます。反面、生成するピクセル数が多くなるため標準的なディスプレイと比較すると3~4倍のレンダリング時間が必要となります。
MacのRetina、または5Kディスプレイを搭載している機種でRenderworksレンダリングを高速化したい場合は、Vectorworks2018アプリケーションアイコンをCtrlキー+クリックしてコンテキストメニューから「情報を見る」を選択し、「低解像度で開く」をチェックしてください。チェックすることにより標準的な解像度でレンダリングされるようになり、レンダリング時間を抑制することができます。