テクニカルサポートデスク




読み込み中…

製品別Q&A - 拡張ツール集12 / VectorWorksDX12

最終更新日:2006.10.17

※ 全ての不具合/仕様情報を掲載しているものではありません。
※ これら以外にも未知の不具合が存在する可能性があります。

製品Q&A:
No.1000
Q

照明器具があるファイルをレンダリングした場合、エラーが表示される事がある(RenderWorksインストール時)

A

照明器具を配置し、「RW-簡易レンダリング(影付き)」または「RW-カスタムレンダリング」 モードでレンダリングした際、エラーメッセージが表示される事が確認されております。

  • MacOSX:【メモリ不足!アプリケーションメモリサイズを大きくしてください】
  • Windows:【メモリ不足です。操作が実行されません】

大変お手数ですが、照明器具ダイアログまたはデータパレット内「Field Angle」の数値を入れ直していただきますようお願い致します。

No.1001
Q

照明器具のライトをONにしてもライティング効果を得られない(RenderWorksインストール時)

A

照明器具を配置し、ダイアログまたはデータパレット内で「LightON」のチェックボックスをチェックしてもライティング効果を得ることができない現象が確認されております。
大変お手数ですが、照明器具ダイアログまたはデータパレット内「Field Angle」の数値を入れ直していただきますようお願い致します。
No.1002
Q

地形モデルを編集しようとすると地形モデルがなくなってしまう

A

地形モデルを作成後、再度「地形モデルを作成/編集」コマンドで表示されるダイアログを「キャンセル」ボタンで一旦キャンセルすると、地形モデルのデータがなくなる事が確認されております。
大変お手数ですが、一度作成した地形モデルの編集は、データパレットの「地形モデル設定」ボタンから行っていただきますようお願い致します。

→v12.5にて改善しました

No.1003
Q

植栽シンボルを連続配置するモードで複数配置後、設定変更すると植栽が1つになってしまう

A

植栽シンボル配置ツールの連続配置するモードで複数の植栽を配置している場合、配置後モードバーの「植栽リストを編集」ダイアログで、既に配置している植栽の設定を変更すると、図面上の植栽が1つになってしまう事が確認されております。

同種の植栽を使って、いくつかの植栽表現をする場合は、一旦全ての植栽を配置しその後、データパレットの「植栽の編集」ボタンから個別に変更していただきますようお願い致します。

→v12.5にて改善しました

No.1004
Q

「屋根の軸組作成」コマンドで棟木、隅木/谷木を含んで作成すると不正な勾配がつく

A

屋根を作成後、「屋根の軸組作成」コマンドを実行し、棟木や隅木/谷木を含んで軸組を作成すると、棟木、隅木、谷木が傾いて作成される事が確認されております。
大変お手数ですが、作成後にそれぞれ、データパレットの「勾配」で角度を修正してして頂きますようお願い致します。

→v12.5にて改善しました

No.1005
Q

地形モデル上に擁壁を作成し「更新」するとエラーが表示される

A

地形モデルを作成後、各「擁壁」ツールで擁壁を作成し地形モデルをデータパレットから更新すると「2つの造成面が重なっています」とエラー表示される事が確認されております。
これは表示システムによる障害で、実際には地形モデルは更新されております。ご了承いただきますようお願い致します。

→v12.5にて改善しました

No.1006
Q

Knoll家具シンボルはどこにありますか

A

以下の2つのファイルに登録されています。収録されているデータ内容は同じです。リソースパレットからご利用ください。

  • Libraries > Objects-Imperial > 12_Furniture_Knoll.mcd
  • Libraries > Objects-Metric > 72.3_Furniture_Knoll.mcd
No.1007
Q

照明器具図形に対して、ミラー反転ツールが正しく動作しない

A

照明器具(LightingDevice)図形に「ミラー反転」ツールを使用した場合に、反転せず、ペーストされてしまいます。これは、演出照明としてのスポット効果に影響がでるため、反転せずペーストされるようなったVectorWorks12の仕様変更によるものです。

照明器具図形は、配置後にデータパレット上に表示される「角度」項目や、「回転」コマンド、「回転」ツールをご使用いただきますようお願い致します。