テクニカルサポートデスク




読み込み中…

製品別Q&A - ThermoRender Pro(Vectorworks用プラグインソフト)

最終更新日:2017.01.13

※ 全ての不具合/仕様情報を掲載しているものではありません。
※ これら以外にも未知の不具合などが存在する可能性があります。

製品Q&A:
No.1000
Q

計算実行後のファイルでの作業で注意することは何ですか?

対象プロダクト: ThermoRender 5 Pro Vectorworks2016対応版(TR5.0.1)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2015対応版(TR5.0.0)
        ThermoRender 4 Pro Vectorworks2014,2013,2012対応版(TR4)
        ※ThermoRender 5 Pro Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)では本制限はございません。

A

一度計算を実行したファイルで、途中から改めて作業を行う場合に「データベース作成」を実行する必要がありますが、実行すると一部データベースが不正になるため、下記の手順であらかじめ正しいデータベースをバックアップしておき、「データベース作成」実行後に、元に戻すようにしてください。

 

「モデル書き出し」直後:
アプリケーションフォルダにある、次の二つのフォルダと一つのファイルを、任意のフォルダにバックアップしておきます。

  • HIP Folder/HIDB1/case1 フォルダ
  • HIP Folder/HIDB1/EVAP フォルダ
  • HIP Folder/HIDB1/Material.txt ファイル

 

「データベース作成」直後:
コピーしておいた上記のフォルダとファイルを、元の場所に戻します。

No.1001
Q

地面の数に制限はありますか?

対象プロダクト: ThermoRender 5 Pro Vectorworks2016対応版(TR5.0.1)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2015対応版(TR5.0.0)
        ThermoRender 4 Pro Vectorworks2014,2013,2012対応版(TR4)
        ※ThermoRender 5 Pro Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)では本制限はございません。

A

はい。地面の数は254までに制限されています。
地面の数が255以上あるとモデル書き出しでエラーとなります。
No.1002
Q

生垣を熱負荷計算対象に含めることはできますか?

対象プロダクト: ThermoRender 5 Pro Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2016対応版(TR5.0.1)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2015対応版(TR5.0.0)
        ThermoRender 4 Pro Vectorworks2014,2013,2012対応版(TR4)

A

できません。生垣は建物ではないので熱負荷計算対象にすると正しい計算結果が得られません。
No.1003
Q

特定の樹木のメッシュが作成されません

対象プロダクト: ThermoRender 5 Pro Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2016対応版(TR5.0.1)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2015対応版(TR5.0.0)
        ThermoRender 4 Pro Vectorworks2014,2013,2012対応版(TR4)

A

樹木の大きさに対して、メッシュサイズが大きいことが原因です。樹木よりもメッシュサイズを小さくしてください。
例えば、メッシュサイズが1000mmの場合に、1000mm程度の樹木のメッシュは確保されません。
これはメッシュを利用した計算方法での一般的な制約です。
No.1004
Q

各計算結果や凡例の色が表示されません

対象プロダクト: ThermoRender 5 Pro Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2016対応版(TR5.0.1)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2015対応版(TR5.0.0)
        ThermoRender 4 Pro Vectorworks2014,2013,2012対応版(TR4)

A

Renderworksが機能していないことが原因です。
計算結果や凡例の表示にはRenderworksが必要です。
Renderworksをインストールし、機能をアクティブにしてください。
No.1005
Q

「STREAMへ出力」コマンドで任意の時刻を複数出力することはできますか?

対象プロダクト: ThermoRender 5 Pro Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2016対応版(TR5.0.1)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2015対応版(TR5.0.0)
        ThermoRender 4 Pro Vectorworks2014,2013,2012対応版(TR4)

A

できます。「STREAMへ出力」ダイアログの出力日時選択から、任意の時刻を選択してください。
Ctrlキー(Windows)、commandキー(Mac)を押しながら任意の時刻をクリックすると複数選択できます。

▼ご注意※Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)は除く
「STREAMへ出力」コマンドを実行すると、既存のバッチファイルは上書きされ、最後に出力した時刻のバッチファイルだけが残ります。
複数時刻を出力するために何回かに分けて「STREAMへ出力」コマンドを実行したり、後から出力し忘れた時刻のみ「STREAMへ出力」コマンドを実行する場合は、コマンド実行の度にバッチファイルの名前を変えて上書きされないようにしてください。
なお、Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)では、バッチファイルの保存時に名称を変更できるようになっています。
No.1006
Q

「STREAMへ出力」コマンド実行時にケースフォルダ >「CFD」フォルダ内に生成されるバッチファイル(.bat形式)には何が記載されていますか?

対象プロダクト: ThermoRender 5 Pro Vectorworks2017対応版(TR5.0.2)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2016対応版(TR5.0.1)
        ThermoRender 5 Pro Vectorworks2015対応版(TR5.0.0)
        ThermoRender 4 Pro Vectorworks2014,2013,2012対応版(TR4)

A

バッチファイルには、「STREAMへ出力」コマンドで実行した際に指定した時刻のフォルダ内に、「Sファイル」を出力するコマンドが記述されています。
このバッチファイルを実行すると、時刻のフォルダそれぞれに「Sファイル」が生成されます。
「Sファイル」はSTREAMで使用するファイルです。