テクニカルサポートデスク




読み込み中…

製品別Q&A - A&A会計: 他社会計ソフトへの移行に関して

最終更新日:2016.11.29

 

製品Q&A:
No.1000
Q

今までA&A会計で入力してきたデータを他の会計ソフトに引き継ぐことは可能ですか?

A

仕訳データ、帳票データ、保守データ(勘定科目設定等)について、それぞれテキスト形式で書き出しを行う機能がございます。
移行先の会計ソフトにテキストファイルの読み込み機能がある場合は、A&A会計のデータをそのまま流用できる可能生がございますが、他社製品との互換性につきましては、弊社では動作保証等は致しかねます。何卒ご了承ください。
No.1001
Q

A&A会計からどのような情報が書き出せますか?

A

テキストとして書き出せる情報は、下記の通りです。

▼システム関連

・パスワードの設定

▼伝票メニュー

・伝票入力(振替/入金/出金)
・単一入力
・帳簿入力
・修正履歴

▼帳票メニュー

・仕訳帳
・勘定元帳
・日計表
・残高試算表(月別/年間/部門)
・残高推移表(月次/日次)
・摘要集計表

▼報告メニュー

・消費税集計表(売上/仕入)
・事業別税抜取引額集計表
・財務報告書

▼保守メニュー

・部門名の登録
・担当者名の登録
・役員名の登録
・勘定科目の登録
・摘要の登録
・集計項目の登録
・科目種別の登録
・税区分の登録

No.1002
Q

A&A会計で作成したデータをテキストで書き出すにはどうすればよいですか?

A

A&A会計からテキスト形式でデータを書き出すには、まず書き出したい画面(ウインドウやダイアログ)を表示しておき、ファイルメニュー > 書き出し... を選択します。
ファイル保存ダイアログが開きますので、テキストファイルの名称を入力して「保存」をクリックしてください。
No.1003
Q

A&A会計で書き出したテキストデータはどのような形式ですか?
A&A会計からカンマ区切りのテキスト形式で書き出すことはできますか?

A

タブ区切り、カンマ区切り、スペース区切りのテキスト形式で書き出すことができます。
デフォルトの書き出し形式はタブ区切りテキストですが、A&A会計メニュー > 環境設定の「テキスト」タブにて、カンマ区切りもしくはスペース区切りに変更することができます。

No.1004
Q

A&A会計の伝票データを書き出すにはどうすればよいですか?

A

伝票データのテキスト書き出しは以下の手順で行います。

1)伝票入力画面/単一入力画面/帳簿入力画面のいずれかのウインドウをアクティブにします。

2)ファイルメニュー > 書き出し... を選択します。
ファイル保存ダイアログが開きますので、書き出したいテキストファイルの名称を入力して「保存」をクリックします。

※ ウインドウの表示状態をそのまま書き出します。例えば検索を行い対象伝票を絞り込んでいる場合、その表示通りに対象伝票のみを書き出します。
※ 伝票入力画面、単一入力画面では、ソート状態もそのまま書き出しに反映します。
※ 帳簿入力画面では、固定科目を選択しないと書き出しができません。書き出し内容も、表示通りに固定科目別となります。
※ 登録されているすべての伝票データ(仕訳) を書き出したい場合は、単一入力画面から書き出しできます。もしくは、環境設定の入力タブで結果を伝票入力にも表示するのチェックをオンにすれば、伝票入力画面からもすべての伝票データを書き出せるようになります。

3)書き出されたテキストでは、左から順に以下のように情報が列記されます。
1.伝票種類 / 2.伝票日付 / 3.伝票番号 / 4.借方金額 / 5.借方科目 / 6.借方税区分 / 7.摘要1 / 8.摘要2 / 9.貸方科目 / 10.貸方税区分 / 11.貸方金額 / 12.仕訳の種類 / 13.担当者名 / 14.入力日付 / 15.借方部門 / 16.貸方部門

※ 12.は「決」が決算仕訳、「修」が要修正を示します。
※ 15.16.はデフォルトでは読み書きしない設定になっています。A&A会計メニュー > 環境設定の「テキスト」タブにある「伝票の読み書きに部署名を含める」のチェックをオンにすると、部署名項目の読み書きができるようになります(15.16.のフィールドにデータがある場合)。部署名項目を不使用の場合は、オフのままにしておけば余計な区切り記号は入りません。

No.1005
Q

A&A会計の勘定科目データを書き出すにはどうすればよいですか?

A

勘定科目データのテキスト書き出しは以下の手順で行います。

1)保守メニュー > 勘定科目... を選択し、「勘定科目の登録」ウインドウを表示させます。

2)ファイルメニュー > 書き出し... を選択します。
ファイル保存ダイアログが開きますので、書き出したいテキストファイルの名称を入力して「保存」をクリックします。

3)書き出されたテキストでは、左から順に以下のように情報が列記されます。
1.科目コード / 2.主/補 / 3.科目名 / 4.科目種別 / 5.貸借 / 6.税区分 / 7.開始残高 / 8.ショートカット

※ 8.はデフォルトでは読み書きしない設定になっています。A&A会計メニュー > 環境設定の「テキスト」タブにある「保守情報の読み込みと書き出しにショートカット(短縮) を含める」のチェックをオンにすると、ショートカットの読み書きができるようになります。ショートカットを不使用の場合はオフのままにしておけば余計な区切り記号は入りません。