テクニカルサポートデスク

Vectorworks ネットワーク版用 ライセンス管理ソフトウエア
(Vectorworks Site Protection Server) インストーラ

対象 内容 OS 更新日付

Vectorworks ネットワーク版
(v2014シリーズG以降)

ライセンス管理ソフトウエア
Vectorworks Site Protection Server

Mac/Win 2019.01.16
ファイル情報
ファイル名 VW2019_SPN_Server.zip
ファイルサイズ 約95MB

はじめに

本プログラムについて

本プログラムは、Vectorworks ネットワーク版用のライセンス管理ソフトウエア「Vectorworks Site Protection Server」の最新版(v2019)です。
下記の「利用可能製品」に記載されているバージョンのネットワーク版ライセンスの運用、管理が可能です。対象の製品をご利用のお客様は本プログラムをご利用いただけます。

利用可能製品

利用可能な製品とバージョンをご確認ください

当ライセンス管理ソフトウエアでは、以下のVectorworksクライアントを運用、管理できます。
※ ALISサーバプログラムで運用するv2014以前のネットワーク版ではご利用いただけません。

  • Vectorworks 2019 ネットワーク版 クライアント
  • Vectorworks 2018 ネットワーク版 クライアント
  • Vectorworks 2017 サイトプロテクションネットワーク版 クライアント
  • Vectorworks 2016 サイトプロテクションネットワーク版 クライアント
  • Vectorworks 2015 サイトプロテクションネットワーク版 クライアント
  • Vectorworks 2014 ネットワーク版シリーズG クライアント

動作環境

対応OSなどを必ずご確認ください

当ライセンス管理ソフトウエアの対応OSを含む推奨動作環境につきましては、Vectorworks2019推奨動作環境をご確認ください。

その他

ご注意点
  • 本プログラムはVectorworks 2019用のライセンス管理ソフトウエアです(2019年1月現在)が、下位バージョンのライセンスも運用、管理が可能となっております。上記「利用可能製品」に記載のソフトウエアでご利用いただけます。
    インストーラに同梱のドキュメント類はv2019を前提とした説明となっておりますので、Vectorworksクライアントのセットアップ手順などにつきましては、お手持ちのセットアップガイドをご参照ください。

 

  • 当ライセンス管理ソフトウエアのご利用には、USBドングル(ハードウエアプロテクトキー)、およびライセンスファイルが必要です。必ずお手元にご準備の上で、ご導入ください。
    USBドングルはお手持ちのパッケージ内にございます。ライセンスファイルはパッケージ内のディスクや、VSSポータルサイト(Vectorworks Service Selectご契約中の方のみ)からご入手可能です。

 

  • すでに旧バージョンのライセンス管理ソフトウエアをご利用の環境で、本プログラムにバージョンアップを行う場合は、いくつかのご注意点がございます。下記の「導入方法」内の「バージョンアップの場合」を必ずご一読ください。

導入方法

 

▼新規インストールの場合

インストーラに同梱の「セットアップガイド.pdf」内の「ライセンス管理ソフトウエアのセットアップ」の項をご参照の上、手順に沿って新規にセットアップを行ってください。
またライセンス管理ソフトウエアのインストール後は、ファイアウォールやセキュリティソフト等でのセキュリティ設定が必要となる場合がございます。「セットアップガイド.pdf」内の「補足情報」等の項をご参照の上、必要な設定を行ってください。

 

▼バージョンアップの場合

すでに旧バージョンのライセンス管理ソフトウエアをご利用の環境で、本プログラムを導入する場合は、以下の点にご注意ください。

 

・バージョンアップ作業中は一時的にVectorworksネットワーク版をご利用いただけなくなります。

後述の通り、全Vectorworksクライアントの終了/返却、旧バージョンのライセンス管理ソフトウエアのアンインストールなどを行いますので、当ライセンス管理ソフトウエアのセットアップが完了するまで、Vectorworksネットワーク版はご利用いただけません。

 

・バージョンアップ作業を行う前に、必ず全Vectorworksクライアントを終了/返却してください。

「持ち出し」されているVectorworksクライアントを、必ず全て「返却」してください。クライアントが持ち出しされたままライセンス管理ソフトウエアの更新を行った場合、返却ができなくなります。また、予期せぬ問題が発生するおそれがあります。
合わせて、起動しているVectorworksクライアントは、全て終了させてください。Vectorworksクライアントが起動したままライセンス管理ソフトウエアの再起動やアンインストールが行われた場合、Vectorworksクライアントが強制的に終了します。

 

・ご利用中の「ライセンスファイル(LPF_XXXXXX.lic)」はバックアップしてください。

旧バージョンのライセンス管理ソフトウエアのアンインストール前に、「ライセンスファイル(LPF_XXXXXX.lic)」をバックアップしてください。本バージョンのセットアップ時に利用します。
ライセンスファイルは以下の場所に保存されています。

【v2019/v2018】
 Win: Cドライブ > ProgramData > Vectorworks Site Protection フォルダ内
 Mac: Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > Vectorworks Site Protection フォルダ内

【v2017/v2016】
 Win: Cドライブ > Program Files(x86) > Vectorworks Site Protection Server フォルダ内
 Mac: Macintosh HD > アプリケーション > Vectorworks Site Protection フォルダ内

【v2015/v2014】
 Win: Cドライブ > Program Files(x86) > Vectorworks Network License フォルダ内
 Mac: Macintosh HD > アプリケーション > Vectorworks Network License フォルダ内

ライセンスファイルは、お手持ちのパッケージ内のディスクや、VSSポータルサイト(Vectorworks Service Selectご契約中の方のみ)からもご入手可能です。

 

・旧バージョンのライセンス管理ソフトウエアをアンインストールしてください。

本プログラムのセットアップ前に、旧バージョンのライセンス管理ソフトウエアのアンインストールが必要です。
アンインストール方法については、ご利用バージョンのライセンス管理ソフトウエアに付属の「セットアップガイド」内、「アンインストールについて」の項をご参照の上で、作業を行ってください。
セットアップガイドは、お手持ちのパッケージ内の冊子、もしくはダウンロードしたライセンス管理ソフトウエア用インストーラ内にPDF形式で収録されています。ライセンス管理ソフトウエアの停止方法やアンインストール手順はバージョンによって異なりますので、必ず対象バージョンのセットアップガイドをご参照ください。

 

・本プログラムのセットアップについて

旧バージョンのアンインストールまで完了しましたら、本プログラムのインストーラに同梱の「セットアップガイド.pdf」をご参照の上、手順に沿って新規にセットアップを行ってください。
またライセンス管理ソフトウエアのインストール後は、ファイアウォールやセキュリティソフト等でのセキュリティ設定が必要となる場合がございます。「セットアップガイド.pdf」内の「補足情報」等の項をご参照の上、必要な設定を行ってください。

 

・macOS 10.14 (Mojave)環境でご利用のお客様へ

本ネットワーク版ライセンス管理ソフトウエアに付属のUSBドングルドライバは、macOS 10.14 (Mojave)に正式対応していないバージョンとなるため、ドングルドライバのアップデートが別途必要です。macOS 10.14 (Mojave)対応ドングルドライバはこちらからダウンロードいただけます。

 


ダウンロード

ご希望のダウンロードタイプをクリックしてください
  インストーラ (Win&Mac)     セットアップガイドのみ (PDF形式)  

※ セットアップガイドはインストーラ内に含まれています。
※【Mac】Safariブラウザからダウンロードが行えない場合はこちらをご参照ください。
※【Windows】ダウンロード後のZIPファイルの解凍方法が不明な場合はこちらをご参照ください。