閉じる

[ダウンロードのご注意]
ダウンロードファイルはFTPサーバよりダウンロードされます。
ご利用のインターネット接続環境がFTPサーバに対応している必要がございます。ご注意下さい。
 
Vectorworks2010J
対象 内容 対応OS 更新日付
Vectorworks2010J SP1
Vectorworks2010J SP4アップデータ
(ネットワーク版)
Win/Mac 2010.07.28
 
適用対象バージョン


Vectorworks2010J SP1(Mac版&Windows版)
ネットワーク版

注1)ご利用のVectorworksのバージョンは、以下の場所で確認できます。
◎Win:【ヘルプ】メニュー > 【Vectorworksについて...】
◎Mac:【Vectorworks】メニュー > 【Vectorworksについて...】

注2)スタンドアロン版、学生単年度版、デモ版には対応しておりません。
それぞれ専用のアップデータをご利用ください。
注3)適用バージョンのアプリケーションに対するアップデータです。

アップデート内容


◎改善情報(一部抜粋)
 詳しい内容は、「VW2010 SP4改善情報.txt」ファイルの内容をご確認ください。

 ・3Dセレクションポインタツールで、「壁への挿入」をONにしても
  壁に3Dシンボルを挿入する事が出来ない不具合を改善しました。
 ・グループ図形とそれ以外の図形を縦横寸法で結んだ状態でコピー&ペースト後、
  まとめてマウスドラッグ移動させると寸法拘束が外れてしまう不具合を改善しました。
 ・(Win)OpenGLレンダリング設定で、アンチエイリアスをONにしても効果が
  確認できない(ジャギが緩和されない)不具合を改善しました。
 ・(WinVista)ワークシートでフォントがMSゴシックとMS明朝の1バイト文字列を、
  「GDIを使用」オプションをONで印刷した場合、文字列が左側へずれてしまう
  不具合を改善しました。
 ・【Renderworks】一括レンダリング設定のOpenGL設定で、アンチエイリアスを
  ONにしても効果が確認できない(ジャギが緩和されない)不具合を改善しました。
 ・【Designer】人物ツールの「人物属性を設定」でテクスチャを「クラス」に設定すると、
  図面上に配置された人物ツールにテクスチャが反映されない不具合を改善しました。
 ・【Designer】2×4軸組作成にて、立面図で壁に窓/ドアがある場合、それぞれにかかる
  軸組の寸法線の面の色が黒くなり寸法値が見えなくなる不具合を改善しました。


◎新機能

 ・DXF/DWGファイルの2010形式をサポートしました。
 ・【Designer】IFCファイルの入出力ユーザインターフェースを改良、合理化しました。
 ・【Designer】PDFファイル取り出しの際のフォント表現に関する問題を解消するため、
  PDF取り出し時に文字をラスタライズする新しいオプションを実装しました。


 ※SP4で追加された新機能の解説を含む、Vectorworks2010 Help(AdobeAIR版)用の
  アップデータを別途ご提供しております。こちらからご利用ください。



容量

Vectorworks2010J SP4アップデータ
(ネットワーク版)
Mac/約178MB Win/約63MB

インストール方法
注意事項

インストーラの保管場所とインストール先について
  (インストーラ及びインストール先パスの制限事項)
  インストール先のフォルダを含むパス(ハードディスク内のファイルや
  フォルダの所在を示す文字列)に日本語が含まれていると、
  インストールすることができない場合があります。
  同様にインストーラ保存場所のパスに日本語が含まれていると
  インストールできない場合があります

  このような場合は、フォルダ名などが半角英数字の場所に
  インストーラを保存して実行してください



ネットワーク環境について
  本インストーラをご利用頂くためにはインターネット接続環境が必要です
  ご利用中の環境にてインターネット接続ができる事をご確認のうえ、
  インストール作業を行ってください。



●ラインナップ製品の選択について
  インストール中に、ラインナップ製品を選択するオプションが表示されます。
  ご利用中のVectorworks2010Jのラインナップ(Designer/Renderworksなど)に
  合わせたアップデートを行ってください。
  ラインナップを失念した場合は、以下をご確認ください。

  -ラインナップの確認方法-
  1)「VW2010J_Net」フォルダ内の「2010_Net_InstLog.txt」を開きます。
  2)インストールログの上部「products: 」項目を確認します。
   ・Fundamentals:Fundamentalsのみインストールされています。
   ・Fundamentals Architect:Architectがインストールされています。
   ・Renderworks:Renderworksがインストールされています。
   ・Fundamentals Architect Landmark Spotlight Mechanical など:
     Designerがインストールされています。



●Windows環境で、SP4アップデータの実行を途中でキャンセルした場合
  再度実行時にエラーが表示されたり、マシンの終了時に警告が
  表示される場合があります。
  詳しくは、こちらをご参考ください。


●Vectorworks製品及びインストーラをご利用時に、Vectorworks製品の促進評価、
  品質向上などの為に、お客様のコンピュータに関する情報を収集する場合が
  あります。
  例えば、Vectorworksバージョン、プラットフォーム、インストール環境等です。
  Vectorworks製品及びインストーラを利用することにより収集された情報が、
  エーアンドエー株式会社またはVectorworks開発元であるNemetschek North
  Americaにおいて保存されることにお客様が同意されたものとみなします。
  情報の収集、保存、利用についてはエーアンドエー・プライバシーポリシーに
  基づき、 厳重な管理の元に運用して参ります。
  ・・・
エーアンドエー・プライバシーポリシーについて


1 以下からご利用製品の該当アップデータファイルをダウンロードしてください。
2 任意の場所に解凍し、内包する「お読み下さい.txt」をはじめ、必要な説明ファイルを必ずお読みください
3 アップデート前に、該当マシンに対しVectorworks2010J SP1(ネットワーク版)がインストールされていることをご確認ください。
Vectorworks2010J SP1(ネットワーク版)がインストールされ、かつ全てのプログラムが終了している事を確認の上、アップデータを実行してください。
-Windowsをご利用の方-

 ※インストール中の「インストール先の選択」画面では、必ず参照ボタンを押し
   対象となる適用バージョンのVectorworksフォルダを指定してください。

 下図は、スタンドアロン版での例です。
 ネットワーク版の場合、フォルダ名は「VW2010J_Net」となります。




-MacOSXをご利用の方-

 ※ダウンロードされるファイルは、ディスクイメージ(dmg)です。
  アイコンをダブルクリックすると、デスクトップ上にディスクイメージが表示されます。
  ディスクイメージ内のインストーラを実行し、インストールを行ってください。

  ※インストール中の「インストール先のディレクトリを選択してください」画面では、
   必ず参照ボタンを押し、対象となる適用バージョンのVectorworksフォルダを指定して、
   選択ボタンを押してください。

 下図は、OS10.6環境のスタンドアロン版での例です。
 ネットワーク版の場合、フォルダ名は「VW2010J_Net」となります。




4 アップデート完了後、バージョン表記をご確認ください。
「SP4」と表示されていれば、正しくアップデートされています。

また、アップデータを実行しますと「VW2010J_Net」フォルダ内に
「2010SP4_Net_UpdaterLog.txt」ファイルが作成されます。
-アップデート完了後のバージョン確認方法-

  ◎Win:【ヘルプ】メニュー > 【Vectorworksについて...】
  ◎Mac:【Vectorworks】メニュー > 【Vectorworksについて...】

  を開き、バージョンが「2010 SP4」となっていれば正常にアップデートされています。




ダウンロード
サーバ1から3の、どちらからでもダウンロード可能です。
Vectorworks2010J SP4アップデータ
(ネットワーク版)
サーバ 1
サーバ 2
( ミラーサーバ )
サーバ 3
( ミラーサーバ )
top