閉じる

[ダウンロードのご注意]
ダウンロードファイルはFTPサーバよりダウンロードされます。
ご利用のインターネット接続環境がFTPサーバに対応している必要がございます。ご注意下さい。
 
VectorWorks2008J
対象 内容 対応OS 更新日付
VectorWorks2008J SP2
VectorWorks2008J SP3アップデータ
(ネットワーク版)
Win/Mac 2008.11.19
 
適用バージョン


VectorWorks2008J SP2(Mac版&Windows版)
ネットワーク版

注1)ご利用のVectorWorksのバージョンは、以下の場所で確認できます。
◎Win:【ヘルプ】メニュー > 【VectorWorksについて...】
◎Mac:【VectorWorks】メニュー > 【VectorWorksについて...】

注2)スタンドアロン版、学生単年度版、デモ版には対応しておりません。
それぞれ専用のアップデータをご利用ください。
注3)適用バージョンのアプリケーションに対するアップデータです。

アップデート内容

SP3での主なアップデート内容

 ・(Win版)WindowsXP (64bit) / Vista (64bit) で、2GB以上のメモリを搭載したマシンで
   「取り出す/取り込む-DXF/DWG」コマンドが動作しない不具合を改善しました。
 ・(Win版)「GDIを使用」オプションが有効の場合、色をつけた2バイト文字が
   黒色でプリントアウトされる不具合を改善しました。
 ・(Win版)「GDIを使用」オプションが有効の場合、VWフォルダ名など
   アプリケーションのパスに2バイト文字が使用されていると、
   PSプリンタでプリントアウト出来ない不具合を改善しました。
 ・(Win版)「取り出す-PDF」コマンドで、色をつけた2バイト文字が黒で取り出しされる
  不具合を改善しました。
 ・(Mac版)「植栽データベースを選択」ダイアログの「データベースフォルダを参照」を選択し、
   参照ボタンをクリックして選択した階層のパスに2バイト文字があった場合、
   パスが「共有フォルダ」欄に表示される不具合を改善しました。
 ・(Mac版)「植栽データベースを選択」ダイアログの「データベースフォルダを参照」を選択し、
   参照ボタンをクリックして選択した階層のパスに2バイト文字があった場合、
   パスが文字化けする不具合を改善しました。
 ・(Win版/Mac版)「取り込む-イメージファイル」コマンドでイメージを参照しているVWファイルを
   保存して再度開くと、作図画面上のイメージのサイズが大きくなる不具合を改善しました。
 ・(Win版/Mac版)Shiftキーを押しながら2Dセレクションツールで壁をリサイズすると、
   壁の角度が保持されない不具合を改善しました。

詳しくは、「VW2008_SP3技術情報」フォルダ内の「VW2008 SP3改善情報.txt」をご確認ください。

容量

VectorWorks2008J SP3アップデータ
(ネットワーク版)
Win/約109MB Mac/約110MB

インストール方法
注意事項

●インストーラの保管場所とインストール先について
  (インストーラ及びインストール先パスの制限事項)
  インストール先のフォルダを含むパス(ハードディスク内のファイルやフォルダの
  所在を示す文字列)に 日本語が含まれているとインストールできない場合があります。
  同様にインストーラ保存場所のパスに日本語が含まれているとインストールできません。
  フォルダ名などが半角英数字の場所にインストーラを保存し、実行してください。

●ラインナップ製品の選択について
  インストール中に、ラインナップ製品を選択するオプションが表示されます。
  ご利用中のVectorWorks2008Jのラインナップ(Designer/RenderWorksなど)に
  合わせたアップデートを行ってください。
  ラインナップを失念した場合は、以下をご確認ください。

  -ラインナップの確認方法-
  1)「VW2008J_Net」フォルダ内の「2008_Net_InstLog.txt」を開きます。
  2)インストールログの上部「products: 」項目を確認します。
   ・空欄:Fundamentalsのみインストールされています。
   ・RenderWorks:RenderWorksがインストールされています。
   ・Architect Landmark Spotlight Mechanical など:Designerがインストールされています。

●VectorWorks製品及びインストーラをご利用時に、VectorWorks製品の促進評価、
  品質向上などの為に、お客様のコンピュータに関する情報を収集する場合があります。
  例えば、Vectorworksバージョン、プラットフォーム、インストール環境等です。
  VectorWorks製品及びインストーラを利用することにより収集された情報が、
  エーアンドエー株式会社またはVectorWorks開発元であるNemetschek North Americaに
  おいて保存されることにお客様が同意されたものとみなします。
  情報の収集、保存、利用についてはエーアンドエー・プライバシーポリシーに基づき、
  厳重な管理の元に運用して参ります。
  ・・・エーアンドエー・プライバシーポリシーについて


1 以下からご利用製品の該当アップデータファイルをダウンロードしてください。
2 任意の場所に解凍し、内包する「お読み下さい.txt」をはじめ、必要な説明ファイルを必ずお読みください
3 アップデート前に、該当マシンに対しVectorWorks2008J SP2(ネットワーク版)がインストールされていることをご確認ください。
VectorWorks2008J SP2(ネットワーク版)がインストールされ、かつ全てのプログラムが終了している事を確認の上、アップデータを実行してください。
-Windowsをご利用の方-

 ※インストール中の「インストール先の選択」画面では、必ず参照ボタンを押し
   対象となる適用バージョンの「VectorWorks」フォルダを指定してください。

下図は、スタンドアロン版での例です。
ネットワーク版の場合、フォルダ名は「VW2008J_Net」となります。



 
-MacOSXをご利用の方-

 ※ダウンロードされるファイルは、ディスクイメージ(dmg)です。
  アイコンをダブルクリックすると、デスクトップ上にディスクイメージが表示されます。
  ディスクイメージ内のインストーラからインストールしてください。

 ※インストール中の「フォルダの選択」画面では、必ず対象となる適用バージョンの
   「VectorWorks」フォルダを指定
し、選択ボタンを押してください。

下図は、スタンドアロン版での例です。
ネットワーク版の場合、フォルダ名は「VW2008J_Net」となります。


4 アップデート完了後、バージョン表記をご確認ください。
「SP3」と表示されていれば、正しくアップデートされています。

また、アップデータを実行しますとVW2008Jフォルダ内に
「SP3_UpdateLog.txt」ファイルが作成されます。
-アップデート完了後のバージョン確認方法-

 ◎Win:【ヘルプ】メニュー > 【VectorWorksについて...】
 ◎Mac:【VectorWorks】メニュー > 【VectorWorksについて...】

  を開き、バージョンが「2008 SP3」となっていれば正常にアップデートされています。




ダウンロード
サーバ1から3の、どちらからでもダウンロード可能です。
VectorWorks2008J SP3アップデータ
(ネットワーク版)
サーバ 1
サーバ 2
( ミラーサーバ )
サーバ 3
( ミラーサーバ )
top