全国11か所で開催する長いキャラバンも、ここ名古屋でようやく折り返し地点です。

名古屋駅東側、桜通口を出ると歩道に沿って工事用の仮囲いが長く続いています。ここにはJR東海が新たな駅ビルを建設中で、2016年度には地上46階、高さ約220メートルの超高層ビルが誕生するとのこと。名古屋駅周辺では他にも高層ビル2棟が建設中で、再開発ラッシュが続いています。キャラバン会場も多くのお客様で賑わい、名古屋の活気を肌で感じることができました。

名古屋会場でのプロセミナーはstudio Moat club代表 堀部 裕美子氏より「見せるパースから魅せるパースへ」と題しご講演いただきました。かつて企業に属し大型店舗などの設計・施工管理・CG作成を担当されていた堀部様ですが、現在はCADオペレータ、デザイナーとして独立されています。個人で仕事を捌いているからこそ、時間・費用への意識はよりシビアになります。高価なCGソフトをいくつも取り揃えるわけにもいきません。いま手元にあるツール=VectorworksとRenderworksの機能を最大限に活かし、魅力的なパースを仕上げるために、解像度から光源の種類、テクスチャ設定の各パラメータなど、非常に細かく研究されています。またレンダリングの計算時間についても常に検証し、時間のコスト意識がしっかりと反映されていました。

堀部様に限らず、レンダリングの待ち時間は悩みのタネであったかと思いますが、新機能「バックグラウンドレンダリング」はレンダリング結果を待つ間に他の作業ができる一押しの機能です。その他クラウドサービスを利用すればレンダリングをクラウド上でしてしまうことも。皆様にとってより価値のあるツールとなるべく、Vectorworksは常に進化を続けています。
ぜひたくさんのご意見・ご要望をもってキャラバン会場へお越し下さい!

ご講演いただいた堀部様、名古屋会場にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。後半のキャラバンも元気に参りますので、各会場お近くの皆様はぜひご参加ください。

2013.1.18 販売推進課 古田真彩美