連休明けの今日、キャラバンはここ鹿児島からあらためてスタートしました。
連休最終日に爆弾低気圧がもたらした大雪により東京は大混乱となりましたが、今日の鹿児島は拍子抜けするほどのおだやかな快晴で、前日の東京とはまるで別の国のようです。

先週来日していたNemetschek Vectorworks社のCEOショーンは、キャラバンスタッフに"Good Luck!"を言い残し帰国していきましたが、ここからは私たちがショーンのメッセージを各地のみなさまにしっかりとお伝えしていきます。

今回「Vectorworksプロセミナー」では、「想いを伝えるための道具」と題し株式会社宮崎舞研 木村喜見氏にご講演いただきました。舞台照明、舞台音響の設計・施工に長く携わってきた同社は、官公庁からの業務委託も請け負っており、地元の数多くのイベントをサポートしてきました。
木村氏は仕込み図上の多くの照明機材を効率よく配置・管理するために自らVectorScriptを作成しており、その一例を披露してくださいました。
会場のスクリーンにさらさらとスクリプトが記述されていくは様子は見事で、思わずうなり声が上がります。Vectorworksをとことん使いこみ、何にも勝る自分だけの道具にしていらっしゃいます。
お忙しいなか宮崎から駆けつけてくださった木村様、本当にありがとうございました。

今後の各会場でも、毎回さまざまな分野のユーザ様にご講演いただきます。ぜひ楽しみにしていてください。
今週は明日から福岡、高松、名古屋、札幌と日本列島を縦断してまいります。まだまだお申し込みを受付けておりますので、お近くの皆様はぜひお気軽にお越し下さい。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

販売推進課 古田真彩美(2013.1.15)