Vectorworks2012全国縦断新製品発表キャラバンの後半1会場目は、昨年の大変な震災から10ヶ月、復興に向けて活発な動きのある仙台の地で開催いたしました。

仙台の駅からまっすぐ、ケヤキ並木の見事な青葉通りの先には仙台城があります。
仙台城といえば、「独眼竜」伊達政宗。軍装を華美にした伊達者としても有名ですが、エスパーニャ帝国(スペイン)との通商を企画し、家臣の支倉常長らを派遣した、海の外を見る人でもあります。

そうした探究心・向上心の強い土地の人柄でしょうか、本日参加された方は皆様、A&Aスタッフに積極的にご質問をされ、コーヒーブレイクでも和気あいあいとした盛り上がりをみせました。
開催時間の途中から来られた方、ご都合のつくギリギリまでご参加された方、ご多忙の中大勢の方にお越しいただきました。誠にありがとうございました。

仙台会場からのプロセミナーは、「心地いい住まいつくり」をテーマに建築に従事される東山明氏です。
Vectorworksとは「初心者には優しく、ハードユーザーには楽しい」CADであると評された上で、関西で手掛けられた木造住宅のスライドや、施主の要望を叶える意匠設計の流れ、Vectorworksをどう利用して図面を描くかを具体的にご紹介いただきました。
「毎年のバージョンアップはなかなか大変」とユーザ様ならではのお言葉もありつつ、「今年は2012にして良かった」と、2012でのおすすめポイントもお話いただきました。
東山氏の優しい人柄がにじみ出ている素敵な住まいの数々に、うっとりと見ている方が多かったことが印象的でした。

明日は東北2会場目、青森での開催です。
引き続き東山氏にお話いただきますので、ご参加予定の皆様ぜひ楽しみにしていてください。
最初から最後まで会場にいられなくても大歓迎です。ご都合のつく時間だけでもお越しください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


販売推進課 大嶋悠子(2012.1.23 新青森に向かう車中より)

 

 
仙台会場へご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。