Vectorworks2016の開発コンセプトは「YOU SEE THE WORLD DIFFERENTLY」。
一新されたパッケージとロゴデザインが皆様をお迎えし、Vectorworks2016新製品発表会はスタートしました。

今年も、開発元であるVectorworks,Inc.のCEOショーン・フラハティ氏、CTO ビプラブ・サーカー氏が”この日のために”来日し、Vectorworksの未来と2016の新しい世界をお伝えします。
Vectorworksは世界のあらゆる業種で利用され、様々な設計者やデザイナー、著名な建築家などに利用されています。そして今年、Vectorworksは誕生して30年を迎えます。

Vectorworks2016では、100を超える新機能や機能改善が搭載され、クリエイティブな発想につながる楽しい新機能に心踊る思いの方も多かったのではないでしょうか。

今回は趣向を変え、Vectorworksを実務で利用されている3名のデザイナーに機能の有効性について語っていただきました。

手軽に扱える、さらにデザイナーの思いを意のままに表現できるビジュアルスクリプティング(ビジュアルプログラミング)ツールのマリオネット、3Dを直感的に彫刻のように表現できるサブディビジョンサーフェス、そして今回のバージョンから新規パッケージで標準装備されるRenderworks!

Vectorworks2016の魅力満載で、参加された方もグッと身を乗り出して聞いていらっしゃいました。
大阪会場でも引き続き講演がありますので、ご参加予定の皆様楽しみにしていてください。

年末のお忙しい中、大勢の方にお越しいただき、詰め込まれるように座っていただきました。(窮屈な思いをされた方、ごめんなさい)皆様、誠にありがとうございました。
朝の雨が嘘のように晴れ渡り、スタッフは清々しい気持ちで大阪へ旅立ちます。
明日の大阪会場、関西特有の勢いと人情味溢れる皆様にお会いできること、お話できることをスタッフ一同楽しみにしております。



2015.12.3
販売推進課 大嶋悠子(大阪への新幹線車中より)