降り立った中部国際空港は、今年ちょうど開港10周年を迎えた空港です。
愛称の「セントレア (Centrair)」 は、英語で「中部地方」を意味する"central"と「空港」を意味する"airport"を組み合わせた造語で、英語での正式名となっているそうです。そんなセントレア、駐機場にはVDGSが設置され、着陸した飛行機を自動で誘導してくれました。マーシャラーによる手信号は「いらっしゃい」と迎えてくれるようでとても好きだったので、少々残念な気持ちです。

今年の名古屋会場は、名鉄グランドホテル。名古屋名物(?)ナナちゃん人形を横目に通ってその先が会場です。最近、Vectorworks2016のサブディビジョンサーフェス機能を使って、街で見かけるあらゆるものが作成できるのではないかと考えを巡らせます。身長約6mの巨大マネキン人形であるナナちゃんも、思い通りのポーズで作成できそうですね。

発表会では、東京・大阪会場で講演いただいたデザイナー3名の内容をダイジェストでお伝えしています。その中では「今まで出来なかったことが実現できた」という言葉が繰り返し使われています。" YOU SEE THE WORLD DIFFERENTLY " 別世界を見ることができるVectorworks2016の機能の一端を感じていただけましたでしょうか。 「MiniCADから使ってるけど、最近のバージョンはびっくりするね」「今まで3D化できなくて断っていた形状が作成できるから、デザインの幅が広がります」「Marionette良いね!早く触りたいよ」と各々の分野でご利用いただける新機能の可能性に、目を輝かせてお話しされている方が多いことに、私共スタッフも改めて感動しています。 当日ご参加いただいた方の特典で、1ヶ月間すべての機能をお試しいただけるVectorworks2016評価版をプレゼントしています。手に入れた方は、ぜひ1ヶ月間、十二分にお使いいただき、できればご意見ご感想をお寄せください。皆様からのお声が、Vectorworksをより進化させます。

明日は仙台会場です。今年の冬将軍はやる気がなく、今週の出陣はないそうです。東北地方の皆様、お誘いあわせの上ぜひお気軽にご来場ください。

2015.12.9
販売推進課 大嶋悠子(中部国際空港にて)